漢詩 一月二日 遺偈

漢詩 一月二日 遺偈


七十二に載(みち)るまで
七十二載

春秋を且起(しゃっき 忙しく)してきたが
且起春秋

纜が解き放たれて自在になったからには
解纜自在

辺際の無い化遊の旅に出よう
無辺化遊
              

七十二に載(みち)るまで
七十二載

春秋を且起(しゃっき 忙しく)してきたが
且起春秋

纜が解き放たれて自在になったからには
解纜自在

辺際の無い化遊の旅に出よう
無辺化遊
              
 
【一月二日】 
 遺 偈


 七十二に載(みち)るまで
七十二載

 春秋を且起(しゃっき 忙しく)してきたが
且起春秋

 纜が解き放たれて自在になったからには
解纜自在

 辺際の無い化遊の旅に出よう
無辺化遊