漢詩 一月十七日 阪神淡路大震災から23年

漢詩 一月十七日 阪神淡路大震災から23年


阪神 淡路 海西南
阪神淡路海西南

離苦 鎮魂 担うに力なし
離苦鎮魂無力担

一片の香を焚いて端坐の処
一片焚香端坐処

憶いは還える災禍 二十三。
憶還災禍二旬三
              

阪神 淡路 海西南
阪神淡路海西南

離苦 鎮魂 担うに力なし
離苦鎮魂無力担

一片の香を焚いて端坐の処
一片焚香端坐処

憶いは還える災禍 二十三。
憶還災禍二旬三
              
 
【一月十七日】 
 阪神淡路大震災から二十三年


 阪神 淡路 海西南
阪神淡路海西南

 離苦 鎮魂 担うに力なし
離苦鎮魂無力担

 一片の香を焚いて端坐の処
一片焚香端坐処

 憶いは還える災禍 二十三。
憶還災禍二旬三