漢詩 七月四日 永年 病気で家を出ることのなかった娘さんが亡くなられました。(ご両親のご心痛いかばかりかとお悔やみ申し上げます。)

漢詩 七月四日 永年 病気で家を出ることのなかった娘さんが亡くなられました。(ご両親のご心痛いかばかりかとお悔やみ申し上げます。)


あわれむべし 一夜 挽歌の前
 (挽歌ばんか 死者を悼む)
可憐一夜挽歌前

情愛 離れ難し親子の縁
情愛難離親子縁

四十五才 帰路の客
四十五才歸路客

江風 七月 白雲の天 (四十五才の身 
夏の白雲の天へと帰られました。)
江風七月白雲天
              
【七月四日】 
 永年 病気で家を出ることのなかった
娘さんが亡くなられました。
(ご両親のご心痛いかばかりかと
お悔やみ申し上げます。)

あわれむべし 一夜 挽歌の前 (挽歌ばんか 
死者を悼む)
可憐一夜挽歌前

情愛 離れ難し親子の縁
情愛難離親子縁

四十五才 帰路の客
四十五才歸路客

江風 七月 白雲の天 (四十五才の身 
夏の白雲の天へと帰られました。)
江風七月白雲天
              
 【七月四日】 
 永年 病気で家を出ることのなかった
娘さんが亡くなられました。(ご両親の
ご心痛いかばかりかとお悔やみ申し上げます。)

あわれむべし 一夜 挽歌の前 (挽歌ばんか
 死者を悼む)
可憐一夜挽歌前

情愛 離れ難し親子の縁
情愛難離親子縁

四十五才 帰路の客
四十五才歸路客

江風 七月 白雲の天 (四十五才の身 
夏の白雲の天へと帰られました。)
江風七月白雲天