漢詩 十一月十三日 大栄寺羅漢講式

漢詩 十一月十三日 大栄寺羅漢講式


秋の清涼 満ちて世塵を洗う
秋満清涼洗世塵

大栄 この日 一千六百の阿羅漢 応供の辰(しん)
大栄今日応供辰


一千六百阿羅漢

講式を厳修するところ妙身を現したもう。
講式厳修現妙身
              

秋の清涼 満ちて世塵を洗う
秋満清涼洗世塵

大栄 この日 一千六百の阿羅漢 応供の辰(しん)
大栄今日応供辰


一千六百阿羅漢

講式を厳修するところ妙身を現したもう。
講式厳修現妙身
              
 
【十一月十三日】 
 大栄寺 羅漢講式


 秋の清涼 満ちて世塵を洗う
秋満清涼洗世塵

 大栄 この日 一千六百の阿羅漢 応供の辰(しん)
大栄今日応供辰


一千六百阿羅漢

 講式を厳修するところ妙身を現したもう。
講式厳修現妙身