漢詩 四月三十日  村のお婆さんが亡くなられたので哀悼

漢詩 四月三十日  村のお婆さんが亡くなられたので哀悼


山わらい 百花 爛漫のとき
山咲百花爛漫辰

なにすれど空しく背(そむく)越州の春
何爲空背越州春

八十九歳は 一場の夢
八旬九歳一場夢

再び軽風に見ん温貌したしきことを。
再見軽風温貌親
              

山わらい 百花 爛漫のとき
山咲百花爛漫辰

なにすれど空しく背(そむく)越州の春
何爲空背越州春

八十九歳は 一場の夢
八旬九歳一場夢

再び軽風に見ん温貌したしきことを。
再見軽風温貌親
              

山わらい 百花 爛漫のとき
山咲百花爛漫辰

なにすれど空しく背(そむく)越州の春
何爲空背越州春

八十九歳は 一場の夢
八旬九歳一場夢

再び軽風に見ん温貌したしきことを。
再見軽風温貌親