漢詩 12月22日 令和2年も残りわずかな日々 いよいよ歳晩と言うこの日96才を一期に亡くなられたご婦人がありました。

漢詩 十二月二十二日 

令和2年も残りわずかな日々 いよいよ歳晩と言うこの日96才を一期に亡くなられたご婦人がありました。
晩年には病気も有りましたがご自宅で家族と共に生活され僅かにひと月ばかりの病院療養での別れとなりました。
土地に根ざし、子を産み慈しみ育て、静かに天寿を全うする。愛しい生き方でありました。

生きる縁にしたがって生き 死ぬ縁に応じて他界されました。次男(長男は新潟市で飲食業)さんが自宅で良く介護をされました最後1ヶ月余りが病院でした

漢詩 十二月二十二日 

令和2年も残りわずかな日々 いよいよ歳晩と言うこの日96才を一期に亡くなられたご婦人がありました。
晩年には病気も有りましたがご自宅で家族と共に生活され僅かにひと月ばかりの病院療養での別れとなりました。
土地に根ざし、子を産み慈しみ育て、静かに天寿を全うする。愛しい生き方でありました。

生きる縁にしたがって生き 死ぬ縁に応じて他界されました。次男(長男は新潟市で飲食業)さんが自宅で良く介護をされました最後1ヶ月余りが病院でした

漢詩 十二月二十二日 

令和2年も残りわずかな日々 いよいよ歳晩と言うこの日96才を一期に亡くなられたご婦人がありました。
晩年には病気も有りましたがご自宅で家族と共に生活され僅かにひと月ばかりの病院療養での別れとなりました。
土地に根ざし、子を産み慈しみ育て、静かに天寿を全うする。愛しい生き方でありました。

生きる縁にしたがって生き 死ぬ縁に応じて他界されました。次男(長男は新潟市で飲食業)さんが自宅で良く介護をされました最後1ヶ月余りが病院でした


家を守り節を守って心田をひらき
守家守節拓心田

九十六才 慈愛まったし
九十六才慈愛全

雪裡の嵐風 寒苦しきりに
雪裡嵐風寒苦切

清魂 忽爾として因縁に応ず。
清魂忽爾應因縁
              
【十二月二十二日】

家を守り節を守って心田をひらき
守家守節拓心田

九十六才 慈愛まったし
九十六才慈愛全

雪裡の嵐風 寒苦しきりに
雪裡嵐風寒苦切

清魂 忽爾として因縁に応ず。
清魂忽爾應因縁
              
【十二月二十二日】

家を守り節を守って心田をひらき
守家守節拓心田

九十六才 慈愛まったし
九十六才慈愛全

雪裡の嵐風 寒苦しきりに
雪裡嵐風寒苦切

清魂 忽爾として因縁に応ず。
清魂忽爾應因縁