漢詩 12月29日 新潟の空は 風が吹き雪が降り一瞬青空が広がる時雨という波状攻撃と曇天から雪が降り続く二種類あるようです。

漢詩 十二月二十九日 新潟の空は 風が吹き雪が降り一瞬青空が広がる時雨という波状攻撃と曇天から雪が降り続く二種類あるようです。


歳晩の寒波 北越の威 (威 おどろかす)
歳晩寒波北越威

林間の僧舎 荊扉を鎖(とざす) (荊扉 粗末な家)
林間僧舎鎖荊扉

山河 淅瀝たり 暮昏の道  (淅瀝 もの寂しい)
山河淅瀝暮昏道

陰風に揺落して孤鳥 飛ぶ。  (陰風 冬の風 北風)
揺落陰風孤鳥飛
              

     ー五微の韻ー
健気に飛ぶ小鳥の姿に力づけられます

【十二月二十九日】 
 新潟の空は風が吹き雪が降り
一瞬青空が広がる時雨という波状攻撃と
曇天から雪が降り続く二種類あるようです。


歳晩の寒波 北越の威  (威 おどろかす)
歳晩寒波北越威

林間の僧舎 荊扉を鎖(とざす) (荊扉 粗末な家)
林間僧舎鎖荊扉

山河 淅瀝たり 暮昏の道  (淅瀝 もの寂しい)
山河淅瀝暮昏道

陰風に揺落して孤鳥 飛ぶ。(陰風 冬の風 北風)
揺落陰風孤鳥飛
              

     ー五微の韻ー
健気に飛ぶ小鳥の姿に力づけられます

 【十二月二十九日】 
 新潟の空は風が吹き雪が降り
一瞬青空が広がる時雨という波状攻撃と
曇天から雪が降り続く二種類あるようです。


歳晩の寒波 北越の威  (威 おどろかす)
歳晩寒波北越威

林間の僧舎 荊扉を鎖(とざす) (荊扉 粗末な家)
林間僧舎鎖荊扉

山河 淅瀝たり 暮昏の道  (淅瀝 もの寂しい)
山河淅瀝暮昏道

陰風に揺落して孤鳥 飛ぶ。(陰風 冬の風 北風)
揺落陰風孤鳥飛
              

     ー五微の韻ー
健気に飛ぶ小鳥の姿に力づけられます