漢詩 4月1日 紅梅がようやく咲き始めた四月一日。 祝 令和 改元号

漢詩 四月一日 紅梅がようやく咲き始めた四月一日。
祝 令和 改元号 (令和 元号が改たまるを祝う)


令月 風に和する改元を迎え
令月和風迎改元

梅花 気淑(きよく) 心魂を洗う
梅花気淑洗心魂

心を安んじ法を護りて平天下(へいてんか)
安心護法平天下

聖壽 無窮なり子孫を覆う。
聖壽無窮覆子孫
              
【四月一日】 
 紅梅がようやく咲き始めた四月一日。
祝 令和 改元号 (令和 元号が改たまるを祝う)



令月 風に和する改元を迎え
令月和風迎改元

梅花 気淑(きよく) 心魂を洗う
梅花気淑洗心魂

心を安んじ法を護りて平天下(へいてんか)
安心護法平天下

聖壽 無窮なり子孫を覆う。
聖壽無窮覆子孫
              
【四月一日】 
 紅梅がようやく咲き始めた四月一日。
祝 令和 改元号 (令和 元号が改たまるを祝う)



令月 風に和する改元を迎え
令月和風迎改元

梅花 気淑(きよく) 心魂を洗う
梅花気淑洗心魂

心を安んじ法を護りて平天下(へいてんか)
安心護法平天下

聖壽 無窮なり子孫を覆う。
聖壽無窮覆子孫
              

万葉集巻五 815

梅花謌卅二首并序  標訓 梅花の歌三十二首、并せて序

天平二年正月十三日、萃于帥老之宅、申宴會也。于時、初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。加以、曙嶺移雲、松掛羅而傾盖、夕岫結霧、鳥封穀而迷林。庭舞新蝶、空歸故鴈。於是盖天坐地、促膝飛觴。忘言一室之裏、開衿煙霞之外。淡然自放、快然自足。若非翰苑、何以濾情。詩紀落梅之篇。古今夫何異矣。宜賦園梅聊成短詠。

序訓 天平二年正月十三日に、帥の老の宅に萃(あつ)まりて、宴會を申く。時、初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かをら)す。加以(しかのみにあらず)、曙の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて盖(きぬがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥は穀(うすもの)に封(こ)められて林に迷ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故鴈歸る。於是、天を盖(きにがさ)とし地を坐とし、膝を促け觴(さかずき)を飛ばす。言を一室の裏(うち)に忘れ、衿を煙霞の外に開く。淡然と自ら放(ほしきさま)にし、快然と自ら足る。若し翰苑(かんゑん)に非ずは、何を以ちて情を壚(の)べむ。詩に落梅の篇を紀(しる)す。古(いにしへ)と今とそれ何そ異ならむ。宜しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。

訳) 天平二年正月十三日、長官の旅人の邸宅に集い宴会を開いた。時は初春の良き月、空気は美しく風も和やかで、梅は鏡の前で装う白粉のように白く咲き、蘭は身に帯びた香りのように香っている。そのうえ、明け方の山頂には雲が移ろい、松は薄絹のような雲を被いて天蓋を傾け、山の窪みに霧がわだかまって、鳥は霧にたちこめられて、林に迷っている。庭には新しい蝶が舞い、空には年を越した雁が飛び去っていく。ここに天を天蓋とし、地を座として、人々は膝を近づけて酒盃を酌み交わしている。一座は言葉を忘れて睦みあい、雲の外に襟を開きあっている。それぞれが淡々と心の赴くままに振る舞い、快く満ち足りている。もし筆に記すのでなければ、どうやって言いあらわす事ができようか。詩経にも落梅の詩篇が記されている。古今異なるはずもなく、庭の梅をよんで、いささかの短歌を作ろうではないか。
正月になり新春がやってきたら、このように梅を招きながら、楽しい時間を過ごそう。