漢詩 4月8日 紅シダレザクラが八分咲き 7年前の4月17日のあの日

漢詩 四月八日 總持寺 大祖堂。紅シダレザクラが八分咲き

7年前の4月17日のあの日 此の桜が満開だった事を思いだすと今年は10日も早いですね。


紅 嫩芽に入りて花ひらく時
紅入嫩芽花發時

亡妻の忌景 七周うつる
亡妻忌景七周移

徒に過ぐ歳月 ぼうとして夢の如し
徒過歳月茫如夢

四月 風は寒し誰に向かって語らん
四月風寒語向誰
              

(嫩芽 どんが 若い芽)(徒 いたずらに)

【四月八日】 
  

紅 嫩芽に入りて花ひらく時
紅入嫩芽花發時

亡妻の忌景 七周うつる
亡妻忌景七周移

徒に過ぐ歳月 ぼうとして夢の如し
徒過歳月茫如夢

四月 風は寒し誰に向かって語らん
四月風寒語向誰
              

(嫩芽 どんが 若い芽)(徒 いたずらに)

【四月八日】 
  

紅 嫩芽に入りて花ひらく時
紅入嫩芽花發時

亡妻の忌景 七周うつる
亡妻忌景七周移

徒に過ぐ歳月 ぼうとして夢の如し
徒過歳月茫如夢

四月 風は寒し誰に向かって語らん
四月風寒語向誰
              

(嫩芽 どんが 若い芽)(徒 いたずらに)