漢詩 5月12日 今に雨になりそうな村上市大場沢の普済寺です。今朝早くに連絡がありました。前から癌で療養中でありましたが60才の誕生日を迎えられて直ぐのご逝去でした。 哀悼の詩です。

漢詩 五月十二日 

今に雨になりそうな村上市大場沢の普済寺です。
今朝早くに連絡がありました。前から癌で療養中でありましたが60才の誕生日を迎えられて直ぐのご逝去でした。
 哀悼の詩です。
(華甲は六十才 還暦のこと)

漢詩 五月十二日 

今に雨になりそうな村上市大場沢の普済寺です。
今朝早くに連絡がありました。前から癌で療養中でありましたが60才の誕生日を迎えられて直ぐのご逝去でした。
 哀悼の詩です。 
(華甲は六十才 還暦のこと)

漢詩 五月十二日 

今に雨になりそうな村上市大場沢の普済寺です。
今朝早くに連絡がありました。前から癌で療養中でありましたが60才の誕生日を迎えられて直ぐのご逝去でした。
 哀悼の詩です。
(華甲は六十才 還暦のこと)

薫風五月 百花のとき
薫風五月百花辰

華甲を一期として他界の身
華甲一期他界身

笑語温顔また見ること難く
笑語温顔難復見

何ぞ寥寂の涙 巾を沾すにたえん
何堪寥寂涙沾巾
              
【五月十二日】

薫風五月 百花のとき
薫風五月百花辰

華甲を一期として他界の身
華甲一期他界身

笑語温顔また見ること難く
笑語温顔難復見

何ぞ寥寂の涙 巾を沾すにたえん
何堪寥寂涙沾巾
              
【五月十二日】

薫風五月 百花のとき
薫風五月百花辰

華甲を一期として他界の身
華甲一期他界身

笑語温顔また見ること難く
笑語温顔難復見

何ぞ寥寂の涙 巾を沾すにたえん
何堪寥寂涙沾巾