漢詩 8月2日 85歳で亡くなれた女性への哀悼の詩です。

漢詩 八月二日 85歳で亡くなれた女性への哀悼の詩です。85歳での死去はまだ早いと言われる昨今ですが寿命だと受け止められる家族の看病 介護がありましたことは故人の幸せであったと思います。


夏木 千章 暑気 氛(ふん)たり
夏木千章暑気氛

八十五歳 又云い難し
八旬五歳又難云

誰か知る寿命 長短に非ず
誰知壽命非長短

一陣の涼風 白雲を送りたもう。(十二文の韻)
一陣涼風送白雲
              
【八月二日】 
 八十五歳で亡くなれた女性への哀悼の詩です。
八十五歳での死去はまだ早いと言われる昨今ですが
寿命だと受け止められる家族の看病 介護があり
ましたことは故人の幸せであったと思います。


夏木 千章 暑気 氛(ふん)たり
夏木千章暑気氛

八十五歳 又云い難し
八旬五歳又難云

誰か知る寿命 長短に非ず
誰知壽命非長短

一陣の涼風 白雲を送りたもう。 (十二文の韻)
一陣涼風送白雲
              
 【八月二日】 
 八十五歳で亡くなれた女性への哀悼の詩です。
八十五歳での死去はまだ早いと言われる昨今ですが
寿命だと受け止められる家族の看病 介護があり
ましたことは故人の幸せであったと思います。


夏木 千章 暑気 氛(ふん)たり
夏木千章暑気氛

八十五歳 又云い難し
八旬五歳又難云

誰か知る寿命 長短に非ず
誰知壽命非長短

一陣の涼風 白雲を送りたもう。 (十二文の韻)
一陣涼風送白雲