漢詩 8月31日 94才で亡くなられたご婦人があり哀悼の詩を作りました。

漢詩 八月三十一日 

夜来の雨の後で(まさしく慈悲の雨でした)
今日は3時間この辺の草取りでした。
94才で亡くなられたご婦人があり哀悼の詩を作りました。50年前に夫が亡くなり3人の子供達も既に60前後それぞれが家庭を作っておられます。 いつも和顔愛語 穏やかな方でした。今では限界集落といわれる小揚(こあげ)に生まれ小揚に嫁ぎ小揚で生涯を全うされる 昔から当たり前の生活であったものが今では難しい事になっております。

漢詩 八月三十一日 

夜来の雨の後で(まさしく慈悲の雨でした)
今日は3時間この辺の草取りでした。
94才で亡くなられたご婦人があり哀悼の詩を作りました。50年前に夫が亡くなり3人の子供達も既に60前後それぞれが家庭を作っておられます。 いつも和顔愛語 穏やかな方でした。今では限界集落といわれる小揚(こあげ)に生まれ小揚に嫁ぎ小揚で生涯を全うされる 昔から当たり前の生活であったものが今では難しい事になっております。

漢詩 八月三十一日 

夜来の雨の後で(まさしく慈悲の雨でした)
今日は3時間この辺の草取りでした。
94才で亡くなられたご婦人があり哀悼の詩を作りました。50年前に夫が亡くなり3人の子供達も既に60前後それぞれが家庭を作っておられます。 いつも和顔愛語 穏やかな方でした。今では限界集落といわれる小揚(こあげ)に生まれ小揚に嫁ぎ小揚で生涯を全うされる 昔から当たり前の生活であったものが今では難しい事になっております。


さきに夫君を送って五十年
曩送夫君五十年

摩頭撫育(まとうぶいく)貞堅を守る
摩頭撫育守貞堅

小揚の村落 生涯つきて
小揚村落生涯盡

九十四齡 残照の天
九十四齡残照天
              

(摩頭撫育は子供の頭をナデ サスッテ育てる譬え)

【七月三十一日】

さきに夫君を送って五十年
曩送夫君五十年

摩頭撫育(まとうぶいく)貞堅を守る
摩頭撫育守貞堅

小揚の村落 生涯つきて
小揚村落生涯盡

九十四齡 残照の天
九十四齡残照天
              

(摩頭撫育は子供の頭をナデ サスッテ育てる譬え)

【七月三十一日】

さきに夫君を送って五十年
曩送夫君五十年

摩頭撫育(まとうぶいく)貞堅を守る
摩頭撫育守貞堅

小揚の村落 生涯つきて
小揚村落生涯盡

九十四齡 残照の天
九十四齡残照天
              

(摩頭撫育は子供の頭をナデ サスッテ育てる譬え)