漢詩 9月25日 涼風が吹く初秋のこの日 九十ニ才のご婦人が亡くなられました。

漢詩 九月二十五日 

雁紅来(がんこうらい)葉鶏頭のこと
秋来たりなば雁紅来の葉いよいよ紅を増します。
涼風が吹く初秋のこの日 九十ニ才のご婦人が亡くなられました。
 哀悼の詩 (下平一先の韻)(館腰は旧村の名)

 

漢詩 九月二十五日 

雁紅来(がんこうらい)葉鶏頭のこと
秋来たりなば雁紅来の葉いよいよ紅を増します。
涼風が吹く初秋のこの日 九十ニ才のご婦人が亡くなられました。
 哀悼の詩 (下平一先の韻)(館腰は旧村の名)

漢詩 九月二十五日 

雁紅来(がんこうらい)葉鶏頭のこと
秋来たりなば雁紅来の葉いよいよ紅を増します。
涼風が吹く初秋のこの日 九十ニ才のご婦人が亡くなられました。
 哀悼の詩 (下平一先の韻)(館腰は旧村の名)


風 玊笛に吹く館腰の天
風吹玊笛館腰天

九十余才は幻化の縁
九十餘才幻化縁

末後 転身 何の処ぞ是れ
末後轉身何處是

暮雲むなしく払う夕陽の前。
暮雲空拂夕陽前
              
【九月二十五日】

風 玊笛に吹く館腰の天
風吹玊笛館腰天

九十余才は幻化の縁
九十餘才幻化縁

末後 転身 何の処ぞ是れ
末後轉身何處是

暮雲むなしく払う夕陽の前。
暮雲空拂夕陽前
              
【九月二十五日】

風 玊笛に吹く館腰の天
風吹玊笛館腰天

九十余才は幻化の縁
九十餘才幻化縁

末後 転身 何の処ぞ是れ
末後轉身何處是

暮雲むなしく払う夕陽の前。
暮雲空拂夕陽前