漢詩日和

私、覚隆が
季節おりおり、日々おりおりに
思いましたことを漢詩日和で綴らさせて頂きます。


 しょうがい ろくじゅうの しゅじょうえん
生 涯 六 十 衆 生 縁  ○   ○   ・   ・   ○   ○   ◉

 ふさいじ のてい ぶじのぜん
普 済 寺 庭 無 事 禅  ・   ・   ・   ○   ○   ・   ◉

 みたびの はるめぐりて ほっかいにあまねく
三 度 春 巡 遍 法 界  ○   ・   ○   ○   ○   ・   ・
                     二   一
 こうばい てきれきとして どうぜんにさく
紅 梅 的 歴 咲 堂 前  ○   ○   ・   ・   ・   ○   ◉
                      二   一