漢詩 12月16日 12月も中旬となり明日からは雪予報。 嵐の前の静かさか 穏やかな日和となっています。村に昭和2年生まれで秋口まで軽トラで畑仕事に出掛けておられましたが急に体調不良となり肺炎を併発して97才を一期にお亡くなりの方がありました。7月3日にお連れ合いを91才で亡くされたばかりでした。ご高齢とは申せ半年を待たず追いかけるようにお亡くなりになりました。哀悼の詩です。

漢詩 十二月十六日 

12月も中旬となり明日からは雪予報。 嵐の前の静かさか 穏やかな日和となっています。
村に昭和2年生まれで秋口まで軽トラで畑仕事に出掛けておられましたが急に体調不良となり肺炎を併発して97才を一期にお亡くなりの方がありました。7月3日にお連れ合いを91才で亡くされたばかりでした。ご高齢とは申せ半年を待たず追いかけるようにお亡くなりになりました。
 
哀悼の詩です。

十月二十九日 

村上市の普済寺です。
昨日は秋の大法要(祈祷大般若と追弔会。)でした。
法要の写真は撮り忘れですが到来の献酒の雛飾りの写真を掲載します。
村上の銘酒(〆張鶴のオンパレード。越乃寒梅も3箱。)
天候はマズマズで何よりカメムシの出現が少なく助かりました。
法要は例年通り僧侶は25名の随喜があり94才の布教師の(亀田の亀田寺の前のご住職さま。)お話しも
感慨無量なことでした。
檀信徒の参加も百人程でした。無事に円成してホッとしているところです。
片付けも若いお坊さん方と弟子2名で大体終わって愈々これからの紅葉の季節を待つばかりになりました。

漢詩 十月二十六日 

村上市は曇り☁️本日は福島県の真言宗のお寺様の檀信徒20名様の参拝があります。(昨日は宮崎県から13名の参拝。)ようやく人が動き始めたのでしょうか。
今朝のウェルカムフラワー。
紅葉も色ずき始めました。
今日と明日は28日の法要の準備。
先祖供養法要の法語。

大般若法要の法語。

漢詩 十二月十六日 

12月も中旬となり明日からは雪予報。 嵐の前の静かさか 穏やかな日和となっています。
村に昭和2年生まれで秋口まで軽トラで畑仕事に出掛けておられましたが急に体調不良となり肺炎を併発して97才を一期にお亡くなりの方がありました。7月3日にお連れ合いを91才で亡くされたばかりでした。ご高齢とは申せ半年を待たず追いかけるようにお亡くなりになりました。
 
哀悼の詩です。

漢詩 十二月十六日 

12月も中旬となり明日からは雪予報。 嵐の前の静かさか 穏やかな日和となっています。
村に昭和2年生まれで秋口まで軽トラで畑仕事に出掛けておられましたが急に体調不良となり肺炎を併発して97才を一期にお亡くなりの方がありました。7月3日にお連れ合いを91才で亡くされたばかりでした。ご高齢とは申せ半年を待たず追いかけるようにお亡くなりになりました。
 
哀悼の詩です。
【十二月十六日】

受けがたき人身 宿世の縁
難受人身宿世縁

百才に至らず僅かに三年
百才不至僅三年

毘嵐一夜 黄泉の道
毘嵐一夜黄泉道

夫婦あい和して雪の天に帰る。
夫婦相和歸雪天
              
【十二月十六日】

受けがたき人身 宿世の縁
難受人身宿世縁

百才に至らず僅かに三年
百才不至僅三年

毘嵐一夜 黄泉の道
毘嵐一夜黄泉道

夫婦あい和して雪の天に帰る。
夫婦相和歸雪天
              
【十二月十六日】

受けがたき人身 宿世の縁
難受人身宿世縁

百才に至らず僅かに三年
百才不至僅三年

毘嵐一夜 黄泉の道
毘嵐一夜黄泉道

夫婦あい和して雪の天に帰る。
夫婦相和歸雪天