漢詩12月31日 令和5年大晦日。細かい雨だったり止んだりしています。  普済寺に住職して45年。 幽窓聴雨(かそけき窓辺に雨をききながら)思うこと有り詩を作って見ました。 写真は 書斎から庭を眺めるの図 お客様を迎える部屋の準備も出来ました。 先ほど下の墓地を見ておりましたら92歳の婦人が雨の中 カッパを着て押し車を押しながらお墓参りに来ておられました。春から秋は畑仕事に 淡々と有るがままに生活をしておられることに頭が下がります。

漢詩 十二月三十一日 

令和5年大晦日。細かい雨だったり止んだりしています。  普済寺に住職して45年。
幽窓聴雨(かそけき窓辺に雨をききながら)思うこと有り詩を作って見ました。
写真は
書斎から庭を眺めるの図
お客様を迎える部屋の準備も出来ました。
先ほど下の墓地を見ておりましたら92歳の婦人が雨の中 カッパを着て押し車を押しながらお墓参りに来ておられました。春から秋は畑仕事に 淡々と有るがままに生活をしておられることに頭が下がります。

漢詩 十二月三十一日 

令和5年大晦日。細かい雨だったり止んだりしています。  普済寺に住職して45年。
幽窓聴雨(かそけき窓辺に雨をききながら)思うこと有り詩を作って見ました。
写真は
書斎から庭を眺めるの図
お客様を迎える部屋の準備も出来ました。
先ほど下の墓地を見ておりましたら92歳の婦人が雨の中 カッパを着て押し車を押しながらお墓参りに来ておられました。春から秋は畑仕事に 淡々と有るがままに生活をしておられることに頭が下がります。

漢詩 十二月三十一日 

令和5年大晦日。細かい雨だったり止んだりしています。  普済寺に住職して45年。
幽窓聴雨(かそけき窓辺に雨をききながら)思うこと有り詩を作って見ました。
写真は
書斎から庭を眺めるの図
お客様を迎える部屋の準備も出来ました。
先ほど下の墓地を見ておりましたら92歳の婦人が雨の中 カッパを着て押し車を押しながらお墓参りに来ておられました。春から秋は畑仕事に 淡々と有るがままに生活をしておられることに頭が下がります。
【十二月三十一日】

普済の禅房 仰望するに堪えたり
普済禅房堪仰望

年窮歳尽(ねんきゅうさいじん)春陽をむかう。
年窮歳盡迓春陽

こうべを回らす七十七年の事
回頭七十七年事

山色 水光 瑞祥を呈す。。
山色水光呈瑞祥
              
【十二月三十一日】

普済の禅房 仰望するに堪えたり
普済禅房堪仰望

年窮歳尽(ねんきゅうさいじん)春陽をむかう。
年窮歳盡迓春陽

こうべを回らす七十七年の事
回頭七十七年事

山色 水光 瑞祥を呈す。。
山色水光呈瑞祥
              
【十二月三十一日】

普済の禅房 仰望するに堪えたり
普済禅房堪仰望

年窮歳尽(ねんきゅうさいじん)春陽をむかう。
年窮歳盡迓春陽

こうべを回らす七十七年の事
回頭七十七年事

山色 水光 瑞祥を呈す。。
山色水光呈瑞祥