漢詩 1月31日 身は長崎にあれど(長崎は中途半端に寒いですね ‼️ )新潟の天気は快晴だとの連絡あり。(FBの友達から1月とは思えない天気で2月も3月もどうなるやら心配と皆さま言ってます。)長崎にいる期間中 勉強の合間に本山の總持寺の七百回大遠忌の法語を作って見ました。

漢詩 一月三十一日 

身は長崎にあれど(長崎は中途半端に寒いですね‼️
新潟の天気は快晴だとの連絡あり。(FBの友達から1月とは思えない天気で2月も3月もどうなるやら心配と皆さま言ってます。)
長崎にいる期間中 勉強の合間に本山の總持寺の七百回大遠忌の法語を作って見ました。

漢詩 一月三十一日 

身は長崎にあれど(長崎は中途半端に寒いですね‼️
新潟の天気は快晴だとの連絡あり。(FBの友達から1月とは思えない天気で2月も3月もどうなるやら心配と皆さま言ってます。)
長崎にいる期間中 勉強の合間に本山の總持寺の七百回大遠忌の法語を作って見ました。

漢詩 一月三十一日 

身は長崎にあれど(長崎は中途半端に寒いですね‼️
新潟の天気は快晴だとの連絡あり。(FBの友達から1月とは思えない天気で2月も3月もどうなるやら心配と皆さま言ってます。)
長崎にいる期間中 勉強の合間に本山の總持寺の七百回大遠忌の法語を作って見ました。
【一月三十一日】

紺宇 春たけなわなり諸嶽の峯
紺宇春酣諸嶽峯

暖皮 常にあたたかく真容を現したまう
壺中君子着花新

恨みは深し七百年前の月
恨深七百年前月

慇懃に稽首して祖の蹤を拝す。
稽首慇懃拝祖蹤
              
【一月三十一日】

紺宇 春たけなわなり諸嶽の峯
紺宇春酣諸嶽峯

暖皮 常にあたたかく真容を現したまう
壺中君子着花新

恨みは深し七百年前の月
恨深七百年前月

慇懃に稽首して祖の蹤を拝す。
稽首慇懃拝祖蹤
              
【一月三十一日】

紺宇 春たけなわなり諸嶽の峯
紺宇春酣諸嶽峯

暖皮 常にあたたかく真容を現したまう
壺中君子着花新

恨みは深し七百年前の月
恨深七百年前月

慇懃に稽首して祖の蹤を拝す。
稽首慇懃拝祖蹤