漢詩 10月27日 十月も下旬となり漸く紅葉の気配が感じられる頃となりました。97才で御婦人が亡くなられました。哀悼の詩です

漢詩 十月二十七日 

十月も下旬となり漸く紅葉の気配が感じられる頃となりました。
97才で御婦人が亡くなられました。お連れ合いは既に亡く跡取りの一人息子さんも先年亡くなって他の方もチリヂリで山間の村に一人でお住まいでした。夏の終わりに息子の嫁さんから もう危篤状態ですとお話がありましたが2ヶ月間低空飛行ながら頑張って来られました。哀悼の詩です。

漢詩 十月二十七日 

十月も下旬となり漸く紅葉の気配が感じられる頃となりました。
97才で御婦人が亡くなられました。お連れ合いは既に亡く跡取りの一人息子さんも先年亡くなって他の方もチリヂリで山間の村に一人でお住まいでした。夏の終わりに息子の嫁さんから もう危篤状態ですとお話がありましたが2ヶ月間低空飛行ながら頑張って来られました。哀悼の詩です。

漢詩 十月二十七日 

十月も下旬となり漸く紅葉の気配が感じられる頃となりました。
97才で御婦人が亡くなられました。お連れ合いは既に亡く跡取りの一人息子さんも先年亡くなって他の方もチリヂリで山間の村に一人でお住まいでした。夏の終わりに息子の嫁さんから もう危篤状態ですとお話がありましたが2ヶ月間低空飛行ながら頑張って来られました。哀悼の詩です。

参十年来 寡婦の身
参十年来寡婦身

長男また葬(おくる)逆縁因
長男又葬逆縁因

百才いまだ至らず僅かに三歳
百才未至僅三歳

伏して憶う生涯の幾苦辛。
伏憶生涯幾苦辛
              
【十月二十七日】

参十年来 寡婦の身
参十年来寡婦身

長男また葬(おくる)逆縁因
長男又葬逆縁因

百才いまだ至らず僅かに三歳
百才未至僅三歳

伏して憶う生涯の幾苦辛。
伏憶生涯幾苦辛
              
【十月二十七日】

参十年来 寡婦の身
参十年来寡婦身

長男また葬(おくる)逆縁因
長男又葬逆縁因

百才いまだ至らず僅かに三歳
百才未至僅三歳

伏して憶う生涯の幾苦辛。
伏憶生涯幾苦辛