漢詩 10月30日 境内の庭というか山というかの紅葉 これからが本番 赤が増えて来ます。 お檀家にご訃報

漢詩 十月三十日 

境内の庭というか山というかの紅葉 これからが本番 赤が増えて来ます。
お檀家にご訃報が続きます。分家に出て60年 苦労が多かったと連れ合いのお婆さんが言っておられました。一人息子さんは県の職員ですが独身なので今後は続かない家です。この辺では今後は続かない家ばかり
人口の減少で集落が痩せ細って行きます。

漢詩 十月三十日 

境内の庭というか山というかの紅葉 これからが本番 赤が増えて来ます。
お檀家にご訃報が続きます。分家に出て60年 苦労が多かったと連れ合いのお婆さんが言っておられました。一人息子さんは県の職員ですが独身なので今後は続かない家です。この辺では今後は続かない家ばかり
人口の減少で集落が痩せ細って行きます。

漢詩 十月三十日 

境内の庭というか山というかの紅葉 これからが本番 赤が増えて来ます。
お檀家にご訃報が続きます。分家に出て60年 苦労が多かったと連れ合いのお婆さんが言っておられました。一人息子さんは県の職員ですが独身なので今後は続かない家です。この辺では今後は続かない家ばかり
人口の減少で集落が痩せ細って行きます。


大○○の分家 初代の身
○○分家初代身

風の晨 月の夕 天輪過ぎる
風晨月夕過天輪

生涯九十一年の事
生涯九十一年事

昨夜 忽然として世塵を離れたり。
昨夜忽然離世塵
              
【十月三十日】

大○○の分家 初代の身
○○分家初代身

風の晨 月の夕 天輪過ぎる
風晨月夕過天輪

生涯九十一年の事
生涯九十一年事

昨夜 忽然として世塵を離れたり。
昨夜忽然離世塵
              
【十月三十日】

大○○の分家 初代の身
○○分家初代身

風の晨 月の夕 天輪過ぎる
風晨月夕過天輪

生涯九十一年の事
生涯九十一年事

昨夜 忽然として世塵を離れたり。
昨夜忽然離世塵