漢詩 12月18日 日曜日は予報通り雪になった村上市の普済寺です。まゆはけオモトは順調に茎が伸び花も大きくなっています。45年前に普済寺に住職に参りました時から大変に親切にして下さった門前のご婦人が亡くなられました。ご主人共々 余所者の私達に何やかや面倒を見て下さいました。お戒名の位階に大姉号を允許(いんきょ)致し万分の一ご恩に報いたいと願っております。            また市会議員を長年勤め地域に貢献された方が5年の闘病のかいなく若くしてお亡くなりです。奥様と私の亡妻は地域活動の同志で「横田滋 早紀枝ご夫妻を村上にお迎えして講演会を開催したのは15年前でした。」哀悼の詩です。

漢詩 十二月十八日 

日曜日は予報通り雪になった村上市の普済寺です。
まゆはけオモトは順調に茎が伸び花も大きくなっています。
45年前に普済寺に住職に参りました時から大変に親切にして下さった門前のご婦人が亡くなられました。
ご主人共々 余所者の私達に何やかや面倒を見て下さいました。お戒名の位階に大姉号を允許(いんきょ)致し万分の一ご恩に報いたいと願っております。
 
また市会議員を長年勤め地域に貢献された方が5年の闘病のかいなく若くしてお亡くなりです。奥様と私の亡妻は地域活動の同志で「横田滋 早紀枝ご夫妻を村上にお迎えして講演会を開催したのは15年前でした。」
哀悼の詩です。

漢詩 十二月十八日 

日曜日は予報通り雪になった村上市の普済寺です。
まゆはけオモトは順調に茎が伸び花も大きくなっています。
45年前に普済寺に住職に参りました時から大変に親切にして下さった門前のご婦人が亡くなられました。
ご主人共々 余所者の私達に何やかや面倒を見て下さいました。お戒名の位階に大姉号を允許(いんきょ)致し万分の一ご恩に報いたいと願っております。
 
また市会議員を長年勤め地域に貢献された方が5年の闘病のかいなく若くしてお亡くなりです。奥様と私の亡妻は地域活動の同志で「横田滋 早紀枝ご夫妻を村上にお迎えして講演会を開催したのは15年前でした。」
哀悼の詩です。

漢詩 十二月十八日 

日曜日は予報通り雪になった村上市の普済寺です。
まゆはけオモトは順調に茎が伸び花も大きくなっています。
45年前に普済寺に住職に参りました時から大変に親切にして下さった門前のご婦人が亡くなられました。
ご主人共々 余所者の私達に何やかや面倒を見て下さいました。お戒名の位階に大姉号を允許(いんきょ)致し万分の一ご恩に報いたいと願っております。
 
また市会議員を長年勤め地域に貢献された方が5年の闘病のかいなく若くしてお亡くなりです。奥様と私の亡妻は地域活動の同志で「横田滋 早紀枝ご夫妻を村上にお迎えして講演会を開催したのは15年前でした。」
哀悼の詩です。
【十二月十八日】

大姉の戒名 妙玄明らかに
大姉戒名明妙玄

旧時夫妻の休光まどかなり
旧時夫妻休光圓

遺燈を追憶して余徳を偲べば
遺燈追憶偲餘徳

八十余才 婦道まったしし 。(休光は立派な行い。)
八十餘才婦道全
              
【十二月十八日】

市政 公職の真を重担し
市政重擔公職眞

東西自在 渾身をだす
東西自在打渾身

温容眉目 何の処にか去る 
温容眉目去何處

長く大志の人の遺蹤を仰ぐ
長仰遺蹤大志人
              
【十二月十八日】

大姉の戒名 妙玄明らかに
大姉戒名明妙玄

旧時夫妻の休光まどかなり
旧時夫妻休光圓

遺燈を追憶して余徳を偲べば
遺燈追憶偲餘徳

八十余才 婦道まったしし 。(休光は立派な行い。)
八十餘才婦道全
              
【十二月十八日】

市政 公職の真を重担し
市政重擔公職眞

東西自在 渾身をだす
東西自在打渾身

温容眉目 何の処にか去る 
温容眉目去何處

長く大志の人の遺蹤を仰ぐ
長仰遺蹤大志人
              
【十二月十八日】

大姉の戒名 妙玄明らかに
大姉戒名明妙玄

旧時夫妻の休光まどかなり
旧時夫妻休光圓

遺燈を追憶して余徳を偲べば
遺燈追憶偲餘徳

八十余才 婦道まったしし 。(休光は立派な行い。)
八十餘才婦道全
              
【十二月十八日】

市政 公職の真を重担し
市政重擔公職眞

東西自在 渾身をだす
東西自在打渾身

温容眉目 何の処にか去る 
温容眉目去何處

長く大志の人の遺蹤を仰ぐ
長仰遺蹤大志人