漢詩 12月27日 夕方から元旦の詩を作ってました。

漢詩 十二月二十七日 

夕方から元旦の詩を作ってました。
堂前の老梅樹(八重咲きの紅梅)は春四月にならないと咲きませんが いつか必ず春の神様(東君)からの暖かい風が漏れ出て花咲く時が来るでしょう
改歳の令辰(れいしん)元旦の坐禅をいつも通りに行いましょう
知らぬ間に75才になった我が身を恥ずるばかりですが。

漢詩 十二月二十七日 

夕方から元旦の詩を作ってました。
堂前の老梅樹(八重咲きの紅梅)は春四月にならないと咲きませんが いつか必ず春の神様(東君)からの暖かい風が漏れ出て花咲く時が来るでしょう
改歳の令辰(れいしん)元旦の坐禅をいつも通りに行いましょう
知らぬ間に75才になった我が身を恥ずるばかりですが。

漢詩 十二月二十七日 

夕方から元旦の詩を作ってました。
堂前の老梅樹(八重咲きの紅梅)は春四月にならないと咲きませんが いつか必ず春の神様(東君)からの暖かい風が漏れ出て花咲く時が来るでしょう
改歳の令辰(れいしん)元旦の坐禅をいつも通りに行いましょう
知らぬ間に75才になった我が身を恥ずるばかりですが。


大葉山 澗谷を廻って深く
大葉山廻澗谷深

老杉 影落ちて月輪臨む
老杉影落月輪臨

僧房 打坐するに好時節
僧房打坐好時節

爽気 はだえを包み 暑 侵さず
爽気包膚暑不侵
              
【令和三年年頭口占】 

越後 陽(ひ)遅し古木の梅
越後遅陽古木梅

東君の漏泄(ろえい)花開くを待つ
東君漏泄待花開

令和 かのとうし 旦朝の坐
令和辛丑旦朝坐

七十五才 春おのずから来たる
七十五才春自来
              
【令和三年年頭口占】 

越後 陽(ひ)遅し古木の梅
越後遅陽古木梅

東君の漏泄(ろえい)花開くを待つ
東君漏泄待花開

令和 かのとうし 旦朝の坐
令和辛丑旦朝坐

七十五才 春おのずから来たる
七十五才春自来