漢詩 2月7日 立春を過ぎても雪が少ない新潟の村上市です。会津屋なる仏具店の会長がお亡くなりになられました。私より2~3才 年下のはずです。葬儀に会葬のご案内が来ましたが思えば長いお付き合いでした。哀悼の詩です。

漢詩 二月七日 

立春を過ぎても雪が少ない新潟の村上市です。
会津屋なる仏具店の会長がお亡くなりになられました。私より2~3才 年下のはずです。葬儀に会葬のご案内が来ましたが思えば長いお付き合いでした。
哀悼の詩です。

漢詩 二月七日 

立春を過ぎても雪が少ない新潟の村上市です。
会津屋なる仏具店の会長がお亡くなりになられました。私より2~3才 年下のはずです。葬儀に会葬のご案内が来ましたが思えば長いお付き合いでした。
哀悼の詩です。

漢詩 二月七日 

立春を過ぎても雪が少ない新潟の村上市です。
会津屋なる仏具店の会長がお亡くなりになられました。私より2~3才 年下のはずです。葬儀に会葬のご案内が来ましたが思えば長いお付き合いでした。
哀悼の詩です。
【二月七日】

四十五年 交誼したしく
四十五年交誼親

訃音 耳を驚かす春に堪えず
訃音驚耳不堪春

生涯の志気 芳躅あり
生涯志気在芳躅

弟となし兄となして主賓に擬せん(擬はまねる くらべる。)
為弟為兄擬主賓
              
【二月七日】

四十五年 交誼したしく
四十五年交誼親

訃音 耳を驚かす春に堪えず
訃音驚耳不堪春

生涯の志気 芳躅あり
生涯志気在芳躅

弟となし兄となして主賓に擬せん(擬はまねる くらべる。)
為弟為兄擬主賓
              
【二月七日】

四十五年 交誼したしく
四十五年交誼親

訃音 耳を驚かす春に堪えず
訃音驚耳不堪春

生涯の志気 芳躅あり
生涯志気在芳躅

弟となし兄となして主賓に擬せん(擬はまねる くらべる。)
為弟為兄擬主賓