漢詩 3月1日 令和四年三月一日 天候は晴れ。新潟県村上市に春の足音が聞こえて来ます。 地元の集落で八十才の御婦人が亡くなられました。来る春に背いての旅立ち 昨年の夏以来の発病 手術 療養の日々でしたが力の限り生き抜かれた人生に哀悼の詩です 葬儀はお寺本堂で行います。

漢詩 三月一日 

令和四年三月一日 天候は晴れ。
新潟県村上市に春の足音が聞こえて来ます。
 地元の集落で八十才の御婦人が亡くなられました。
来る春に背いての旅立ち 昨年の夏以来の発病 手術 療養の日々でしたが力の限り生き抜かれた人生に哀悼の詩です 葬儀はお寺本堂で行います。

漢詩 三月一日 

令和四年三月一日 天候は晴れ。
新潟県村上市に春の足音が聞こえて来ます。
 地元の集落で八十才の御婦人が亡くなられました。
来る春に背いての旅立ち 昨年の夏以来の発病 手術 療養の日々でしたが力の限り生き抜かれた人生に哀悼の詩です 葬儀はお寺本堂で行います。

漢詩 三月一日 

令和四年三月一日 天候は晴れ。
新潟県村上市に春の足音が聞こえて来ます。
 地元の集落で八十才の御婦人が亡くなられました。
来る春に背いての旅立ち 昨年の夏以来の発病 手術 療養の日々でしたが力の限り生き抜かれた人生に哀悼の詩です 葬儀はお寺本堂で行います。

庭際の紅梅いまだひらかざるとき
庭際紅梅未發辰

忽然 他界して埃塵を脱す
忽然他界脱埃塵

齢 八十に充ち生の苦を全う
齢充八十全生苦

無常をしるといえども悲涙 新らたなり。
雖識無常悲涙新
              
【三月一日】

庭際の紅梅いまだひらかざるとき
庭際紅梅未發辰

忽然 他界して埃塵を脱す
忽然他界脱埃塵

齢 八十に充ち生の苦を全う
齢充八十全生苦

無常をしるといえども悲涙 新らたなり。
雖識無常悲涙新
              
【三月一日】

庭際の紅梅いまだひらかざるとき
庭際紅梅未發辰

忽然 他界して埃塵を脱す
忽然他界脱埃塵

齢 八十に充ち生の苦を全う
齢充八十全生苦

無常をしるといえども悲涙 新らたなり。
雖識無常悲涙新