漢詩 7月29日 漢詩 滝からの水の音を聴いて

漢詩 七月二十九日 

漢詩 滝からの水の音を聴いて
(朝5時から坐禅があります)

漢詩 七月二十九日 

漢詩 滝からの水の音を聴いて
(朝5時から坐禅があります)

漢詩 七月二十九日 

漢詩 滝からの水の音を聴いて
(朝5時から坐禅があります)


暁天に打坐す 渓水の音
打坐暁天溪水音

はしなく風発(うごく)古岩の陰
無端風發古岩陰

時 悠久に流れ刻を知らず
時流悠久不知刻

ただ沈香を焼いて祖心に報ゆ
唯焼沈香報祖心
              

(夜7時からの坐禅の時は第一句が変わります)


夜裡 坐中 渓水の音
夜裡坐中溪水音

はしなく風発(うごく)古岩の陰
無端風發古岩陰

時 悠久に流れ刻を知らず
時流悠久不知刻

ただ沈香を焼いて祖心に報ゆ
唯焼沈香報祖心
              
【七月二十九日】

暁天に打坐す 渓水の音
打坐暁天溪水音

はしなく風発(うごく)古岩の陰
無端風發古岩陰

時 悠久に流れ刻を知らず
時流悠久不知刻

ただ沈香を焼いて祖心に報ゆ
唯焼沈香報祖心
              

(夜7時からの坐禅の時は第一句が変わります)

【七月二十九日】

夜裡 坐中 渓水の音
夜裡坐中溪水音

はしなく風発(うごく)古岩の陰
無端風發古岩陰

時 悠久に流れ刻を知らず
時流悠久不知刻

ただ沈香を焼いて祖心に報ゆ
唯焼沈香報祖心
              
【七月二十九日】

暁天に打坐す 渓水の音
打坐暁天溪水音

はしなく風発(うごく)古岩の陰
無端風發古岩陰

時 悠久に流れ刻を知らず
時流悠久不知刻

ただ沈香を焼いて祖心に報ゆ
唯焼沈香報祖心
              

(夜7時からの坐禅の時は第一句が変わります)

【七月二十九日】

夜裡 坐中 渓水の音
夜裡坐中溪水音

はしなく風発(うごく)古岩の陰
無端風發古岩陰

時 悠久に流れ刻を知らず
時流悠久不知刻

ただ沈香を焼いて祖心に報ゆ
唯焼沈香報祖心