漢詩 9月10日 昨日70才1人暮らしの男性が突然お亡くなりになりました。

漢詩 九月十日 

昨日70才1人暮らしの男性が突然お亡くなりになりました。履(は)いているズボンの解(ほつ)れているのをライターで火を付けてなどとしていた所 火が服に燃え移ったそうです。自分で救急車を呼んだそうですが帰らぬ人になってしまわれました。40代から病気で働くことも出来ない状態でした父親は8年前に亡くなられ母親は95才位で現在は施設に入っておられます。哀悼の詩を作りましたが 此の苦辛多病の縁いかんせん。つまり生来 病弱多病の身体を丸ごと受け入れて生きて来られた人であったとの感慨です。

漢詩 九月十日 

昨日70才1人暮らしの男性が突然お亡くなりになりました。履(は)いているズボンの解(ほつ)れているのをライターで火を付けてなどとしていた所 火が服に燃え移ったそうです。自分で救急車を呼んだそうですが帰らぬ人になってしまわれました。40代から病気で働くことも出来ない状態でした父親は8年前に亡くなられ母親は95才位で現在は施設に入っておられます。哀悼の詩を作りましたが 此の苦辛多病の縁いかんせん。つまり生来 病弱多病の身体を丸ごと受け入れて生きて来られた人であったとの感慨です。

漢詩 九月十日 

昨日70才1人暮らしの男性が突然お亡くなりになりました。履(は)いているズボンの解(ほつ)れているのをライターで火を付けてなどとしていた所 火が服に燃え移ったそうです。自分で救急車を呼んだそうですが帰らぬ人になってしまわれました。40代から病気で働くことも出来ない状態でした父親は8年前に亡くなられ母親は95才位で現在は施設に入っておられます。哀悼の詩を作りましたが 此の苦辛多病の縁いかんせん。つまり生来 病弱多病の身体を丸ごと受け入れて生きて来られた人であったとの感慨です。


残暑なお厳し九月の天
残暑猶厳九月天

じんかん迎え得たり古稀の年
人間迎得古稀年

はしなく忽爾として悲風起き
無端忽爾悲風起

此の苦辛多病の縁を奈(いかんせん)
奈此苦辛多病縁
              
【九月十日】

残暑なお厳し九月の天
残暑猶厳九月天

じんかん迎え得たり古稀の年
人間迎得古稀年

はしなく忽爾として悲風起き
無端忽爾悲風起

此の苦辛多病の縁を奈(いかんせん)
奈此苦辛多病縁
              
【九月十日】

残暑なお厳し九月の天
残暑猶厳九月天

じんかん迎え得たり古稀の年
人間迎得古稀年

はしなく忽爾として悲風起き
無端忽爾悲風起

此の苦辛多病の縁を奈(いかんせん)
奈此苦辛多病縁