10月23日 手の中に入る程小さく弱々しいネコでした。最近は病気がちで動物病院に行くことも多く命の限りを予感させる日々が続いておりました 今朝ほど娘の布団の中で娘が見守る中亡くなったそうです。

漢詩 十月二十三日 

6年前の木曜日に我が家に来た小さなネコに「モクヨ」と名付けて可愛がっていた娘でした。その前年に母親を亡くした傷心の娘には恰好の話し相手だったようです。小さなネコはいつまで経っても小さく 手の中に入る程小さく弱々しいネコでした。最近は病気がちで動物病院に行くことも多く命の限りを予感させる日々が続いておりました 今朝ほど娘の布団の中で娘が見守る中亡くなったそうです。

漢詩 十月二十三日 

6年前の木曜日に我が家に来た小さなネコに「モクヨ」と名付けて可愛がっていた娘でした。その前年に母親を亡くした傷心の娘には恰好の話し相手だったようです。小さなネコはいつまで経っても小さく 手の中に入る程小さく弱々しいネコでした。最近は病気がちで動物病院に行くことも多く命の限りを予感させる日々が続いておりました 今朝ほど娘の布団の中で娘が見守る中亡くなったそうです。

漢詩 十月二十三日 

6年前の木曜日に我が家に来た小さなネコに「モクヨ」と名付けて可愛がっていた娘でした。その前年に母親を亡くした傷心の娘には恰好の話し相手だったようです。小さなネコはいつまで経っても小さく 手の中に入る程小さく弱々しいネコでした。最近は病気がちで動物病院に行くことも多く命の限りを予感させる日々が続いておりました 今朝ほど娘の布団の中で娘が見守る中亡くなったそうです。


猫児木代 秋穹に逝(いく)
猫児木代逝秋穹

愛育六年 家族と同じ
愛育六年家族同

ときに戯れ倶に遊び多く慰撫される
戯刻遊倶多慰撫

娘子 悲風に暮れるは可憐なり。
可憐娘子暮悲風
              
【十月二十三日】

猫児木代 秋穹に逝(いく)
猫児木代逝秋穹

愛育六年 家族と同じ
愛育六年家族同

ときに戯れ倶に遊び多く慰撫される
戯刻遊倶多慰撫

娘子 悲風に暮れるは可憐なり。
可憐娘子暮悲風
              
【十月二十三日】

猫児木代 秋穹に逝(いく)
猫児木代逝秋穹

愛育六年 家族と同じ
愛育六年家族同

ときに戯れ倶に遊び多く慰撫される
戯刻遊倶多慰撫

娘子 悲風に暮れるは可憐なり。
可憐娘子暮悲風