12月10日(第二土曜日は新発田市の普門寺月例坐禅会です。12月は臘八摂心が1日~八日未明まで。八日は成道会そして九日~十日にかけて断臂摂心となります。本日は断臂会と月例坐禅会が重なりましたので「雪舟作慧可断臂の図」を本堂に置いて皆様からご焼香をして頂く予定になっているそうです。慧可断臂図は畳一枚の大きさだそうですが複製で半分弱の大きさのものです。山形県鶴岡市の天澤寺さまから村上市普済寺に寄贈されたのを新発田市に貸し出して持参しました。慧可断臂(えかだんぴ)と言って慧可大師が達磨大師に入門を得るために雪の中 に何日も立ち続け願うのですが許しを得られず ついに自らの腕(臂)を絶ちきって覚悟の程を達磨に示したという故事があります。

十二月十日 

12月10日(第二土曜日は新発田市の普門寺月例坐禅会です。12月は臘八摂心が1日~八日未明まで。
八日は成道会そして九日~十日にかけて断臂摂心となります。本日は断臂会と月例坐禅会が重なりましたので「雪舟作慧可断臂の図」を本堂に置いて皆様からご焼香をして頂く予定になっているそうです。
慧可断臂図は畳一枚の大きさだそうですが複製で半分弱の大きさのものです。山形県鶴岡市の天澤寺さまから村上市普済寺に寄贈されたのを新発田市に貸し出して持参しました。
慧可断臂(えかだんぴ)と言って慧可大師が達磨大師に入門を得るために雪の中 に何日も立ち続け願うのですが許しを得られず ついに自らの腕(臂)を絶ちきって覚悟の程を達磨に示したという故事があります。

十二月十日 

12月10日(第二土曜日は新発田市の普門寺月例坐禅会です。12月は臘八摂心が1日~八日未明まで。
八日は成道会そして九日~十日にかけて断臂摂心となります。本日は断臂会と月例坐禅会が重なりましたので「雪舟作慧可断臂の図」を本堂に置いて皆様からご焼香をして頂く予定になっているそうです。
慧可断臂図は畳一枚の大きさだそうですが複製で半分弱の大きさのものです。山形県鶴岡市の天澤寺さまから村上市普済寺に寄贈されたのを新発田市に貸し出して持参しました。
慧可断臂(えかだんぴ)と言って慧可大師が達磨大師に入門を得るために雪の中 に何日も立ち続け願うのですが許しを得られず ついに自らの腕(臂)を絶ちきって覚悟の程を達磨に示したという故事があります。

十二月十日 

12月10日(第二土曜日は新発田市の普門寺月例坐禅会です。12月は臘八摂心が1日~八日未明まで。
八日は成道会そして九日~十日にかけて断臂摂心となります。本日は断臂会と月例坐禅会が重なりましたので「雪舟作慧可断臂の図」を本堂に置いて皆様からご焼香をして頂く予定になっているそうです。
慧可断臂図は畳一枚の大きさだそうですが複製で半分弱の大きさのものです。山形県鶴岡市の天澤寺さまから村上市普済寺に寄贈されたのを新発田市に貸し出して持参しました。
慧可断臂(えかだんぴ)と言って慧可大師が達磨大師に入門を得るために雪の中 に何日も立ち続け願うのですが許しを得られず ついに自らの腕(臂)を絶ちきって覚悟の程を達磨に示したという故事があります。