5月6日 来る八日に普済寺の分家のお寺で先代住職の三十三回忌法要が行われます。私が導師を勤めますが法語の最初の所を作ってます。

漢詩 五月六日 

来る八日に普済寺の分家のお寺で先代住職の三十三回忌法要が行われます。私が導師を勤めますが法語の最初の所を作ってます。

漢詩 五月六日 

来る八日に普済寺の分家のお寺で先代住職の三十三回忌法要が行われます。私が導師を勤めますが法語の最初の所を作ってます。

漢詩 五月六日 

来る八日に普済寺の分家のお寺で先代住職の三十三回忌法要が行われます。私が導師を勤めますが法語の最初の所を作ってます。


清淨本然 忌辰に逢う、
清淨本然逢忌辰

慈顔 髣髴たり 以て親(しん)と為す。
慈顔髣髴以為親

庭前の躑躅 興趣 多く、
庭前躑躅多興趣

野に薫風あおぐ五月の春。
野扇薫風五月春
              
【五月六日】

清淨本然 忌辰に逢う、
清淨本然逢忌辰

慈顔 髣髴たり 以て親(しん)と為す。
慈顔髣髴以為親

庭前の躑躅 興趣 多く、
庭前躑躅多興趣

野に薫風あおぐ五月の春。
野扇薫風五月春
              
【五月六日】

清淨本然 忌辰に逢う、
清淨本然逢忌辰

慈顔 髣髴たり 以て親(しん)と為す。
慈顔髣髴以為親

庭前の躑躅 興趣 多く、
庭前躑躅多興趣

野に薫風あおぐ五月の春。
野扇薫風五月春