6月27日 新潟県村上市は曇り(昨夜は稲光りと雷鳴がすざましくいささか肝が冷えました。)いつもの方が観音さまに花を供えて下さいました。村の人ですが長年出稼ぎに行っていて60を過ぎてから帰郷その後、病気も発症自宅療養を続けてましたが昨日ご他界されました。哀悼の詩です

漢詩 六月二十七日 

新潟県村上市は曇り(昨夜は稲光りと雷鳴がすざましくいささか肝が冷えました。)
いつもの方が観音さまに花を供えて下さいました。
村の人ですが長年出稼ぎに行っていて60を過ぎてから帰郷その後、病気も発症自宅療養を続けてましたが昨日ご他界されました。
哀悼の詩です

漢詩 六月二十七日 

新潟県村上市は曇り(昨夜は稲光りと雷鳴がすざましくいささか肝が冷えました。)
いつもの方が観音さまに花を供えて下さいました。
村の人ですが長年出稼ぎに行っていて60を過ぎてから帰郷その後、病気も発症自宅療養を続けてましたが昨日ご他界されました。
哀悼の詩です

漢詩 六月二十七日 

新潟県村上市は曇り(昨夜は稲光りと雷鳴がすざましくいささか肝が冷えました。)
いつもの方が観音さまに花を供えて下さいました。
村の人ですが長年出稼ぎに行っていて60を過ぎてから帰郷その後、病気も発症自宅療養を続けてましたが昨日ご他界されました。
哀悼の詩です

梅天 雲はれて埃塵を洗い
梅天雲霽洗埃塵

八十二才は虚幻の身
八十二才虚幻身

一夜 劫風 四大を分け
一夜劫風分四大

郷に帰り穏座す独り行く人
歸郷穏座独行人
              
【六月二十七日】

梅天 雲はれて埃塵を洗い
梅天雲霽洗埃塵

八十二才は虚幻の身
八十二才虚幻身

一夜 劫風 四大を分け
一夜劫風分四大

郷に帰り穏座す独り行く人
歸郷穏座独行人
              
【六月二十七日】

梅天 雲はれて埃塵を洗い
梅天雲霽洗埃塵

八十二才は虚幻の身
八十二才虚幻身

一夜 劫風 四大を分け
一夜劫風分四大

郷に帰り穏座す独り行く人
歸郷穏座独行人