漢詩7月4日 昨夜 石川県羽咋市の永光寺から一直線に帰ってきました。お檀家で大変お世話になった方が急逝され昨日午前の講義を終えての帰路でした。

漢詩 七月四日 

おはようございます
昨夜 石川県羽咋市の永光寺から一直線に帰ってきました。お檀家で大変お世話になった方が急逝され
昨日午前の講義を終えての帰路でした。
半夏生が時期を違(たが)わず白くなっておりました。
哀悼の詩。32才で当地に来られて砂利採取を手初めに生コンその他 多種の事業を手掛けられました。
晩年は癌を発症されましたが陽子線治療などもされて
さほど変化なく過ごしておられました それが突然の心臓発作でのご逝去 いま ここに居られないこと信じられない思いです。

漢詩 七月四日 

おはようございます
昨夜 石川県羽咋市の永光寺から一直線に帰ってきました。お檀家で大変お世話になった方が急逝され
昨日午前の講義を終えての帰路でした。
半夏生が時期を違(たが)わず白くなっておりました。
哀悼の詩。32才で当地に来られて砂利採取を手初めに生コンその他 多種の事業を手掛けられました。
晩年は癌を発症されましたが陽子線治療などもされて
さほど変化なく過ごしておられました それが突然の心臓発作でのご逝去 いま ここに居られないこと信じられない思いです。

漢詩 七月四日 

おはようございます
昨夜 石川県羽咋市の永光寺から一直線に帰ってきました。お檀家で大変お世話になった方が急逝され
昨日午前の講義を終えての帰路でした。
半夏生が時期を違(たが)わず白くなっておりました。
哀悼の詩。32才で当地に来られて砂利採取を手初めに生コンその他 多種の事業を手掛けられました。
晩年は癌を発症されましたが陽子線治療などもされて
さほど変化なく過ごしておられました それが突然の心臓発作でのご逝去 いま ここに居られないこと信じられない思いです。

八十余才 人を度与し(渡し与える
八十餘才度與人

治生産業 機輪を転ず
治生産業轉機輪

毘嵐 暁を払う還郷の道
毘嵐拂曉還郷道

三面川のほとり義と仁を示さる。
三面川辺示義仁
              
【七月四日】

八十余才 人を度与し(渡し与える
八十餘才度與人

治生産業 機輪を転ず
治生産業轉機輪

毘嵐 暁を払う還郷の道
毘嵐拂曉還郷道

三面川のほとり義と仁を示さる。
三面川辺示義仁
              
【七月四日】

八十余才 人を度与し(渡し与える
八十餘才度與人

治生産業 機輪を転ず
治生産業轉機輪

毘嵐 暁を払う還郷の道
毘嵐拂曉還郷道

三面川のほとり義と仁を示さる。
三面川辺示義仁