8月11日 お盆の11日 自宅で介護を受けておられた御婦人が八十八才で亡くなられました。コロナ禍の中 病院や施設でなく自宅で見送ることが出来たのは せめても幸いなことでした。体育の教師として市内の中学校で教鞭をとり同じ教師の夫君とは東京での学生時代の出合いからとのこと東京の出身で遠く新潟へ来られて 60年余ご苦労も並み大抵なことでなかったかと拝察いたします。

漢詩 八月十二日 

お盆の11日 自宅で介護を受けておられた御婦人が八十八才で亡くなられました。コロナ禍の中 病院や施設でなく自宅で見送ることが出来たのは せめても幸いなことでした。体育の教師として市内の中学校で教鞭をとり同じ教師の夫君とは東京での学生時代の出合いからとのこと東京の出身で遠く新潟へ来られて 60年余ご苦労も並み大抵なことでなかったかと拝察いたします。
(撻鞭は激励すること)

漢詩 八月十二日 

お盆の11日 自宅で介護を受けておられた御婦人が八十八才で亡くなられました。コロナ禍の中 病院や施設でなく自宅で見送ることが出来たのは せめても幸いなことでした。体育の教師として市内の中学校で教鞭をとり同じ教師の夫君とは東京での学生時代の出合いからとのこと東京の出身で遠く新潟へ来られて 60年余ご苦労も並み大抵なことでなかったかと拝察いたします。
(撻鞭は激励すること)

漢詩 八月十二日 

お盆の11日 自宅で介護を受けておられた御婦人が八十八才で亡くなられました。コロナ禍の中 病院や施設でなく自宅で見送ることが出来たのは せめても幸いなことでした。体育の教師として市内の中学校で教鞭をとり同じ教師の夫君とは東京での学生時代の出合いからとのこと東京の出身で遠く新潟へ来られて 60年余ご苦労も並み大抵なことでなかったかと拝察いたします。
(撻鞭は激励すること)


体育教師 撻鞭を揮い
体育教師揮撻鞭

生涯米寿 精研にしたがう
生涯米壽事精研

幾多の子弟ひとしく欽仰し
幾多子弟齋欽仰

残暑なお厳たり夏天に充つる
残暑尚厳充夏天
              
【八月十二日】

体育教師 撻鞭を揮い
体育教師揮撻鞭

生涯米寿 精研にしたがう
生涯米壽事精研

幾多の子弟ひとしく欽仰し
幾多子弟齋欽仰

残暑なお厳たり夏天に充つる
残暑尚厳充夏天
              
【八月十二日】

体育教師 撻鞭を揮い
体育教師揮撻鞭

生涯米寿 精研にしたがう
生涯米壽事精研

幾多の子弟ひとしく欽仰し
幾多子弟齋欽仰

残暑なお厳たり夏天に充つる
残暑尚厳充夏天