普済寺

普済寺 村上

やよいぜん

これはテキストブロックです。このテキストを変更するには編集ボタンをクリックしてください。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur

adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

漢詩 3月14日 喇叭水仙驚く口のかたちして  下平八庚の韻

漢詩 3月14日 喇叭水仙驚く口のかたちして  下平八庚の韻


野面は釵光に陰また晴 (釵光は かんざしの光)
野面釵光陰又晴

境庭の浅水 暖はじめて生ず
境庭浅水暖初生

春 細雨に煙り また なにをか疑わん
春煙細雨復奚疑

残雪は斑紋にして草 きざさんと欲す。
残雪斑紋草欲萌
              

野面は釵光に陰また晴 (釵光は かんざしの光)
野面釵光陰又晴

境庭の浅水 暖はじめて生ず
境庭浅水暖初生

春 細雨に煙り また なにをか疑わん
春煙細雨復奚疑

残雪は斑紋にして草 きざさんと欲す。
残雪斑紋草欲萌
              

野面は釵光に陰また晴 (釵光は かんざしの光)
野面釵光陰又晴

境庭の浅水 暖はじめて生ず
境庭浅水暖初生

春 細雨に煙り また なにをか疑わん
春煙細雨復奚疑

残雪は斑紋にして草 きざさんと欲す。
残雪斑紋草欲萌
              

漢詩 3月13日 薔薇の芽や戦後生まれも古りけり。 一東二冬の通韻。

漢詩 3月13日 薔薇の芽や戦後生まれも古りけり。 一東二冬の通韻。


そぞろに軽寒 雪解の風を歩けば
漫歩軽寒雪解風

弥生の遅日 心胸に満ち
弥生遅日満心胸

知らず既に早梅のたより有るを
不知既有早梅信

草木 萌芽す山の一峯。
草木萌芽山一峯
              

そぞろに軽寒 雪解の風を歩けば
漫歩軽寒雪解風

弥生の遅日 心胸に満ち
弥生遅日満心胸

知らず既に早梅のたより有るを
不知既有早梅信

草木 萌芽す山の一峯。
草木萌芽山一峯
              

そぞろに軽寒 雪解の風を歩けば
漫歩軽寒雪解風

弥生の遅日 心胸に満ち
弥生遅日満心胸

知らず既に早梅のたより有るを
不知既有早梅信

草木 萌芽す山の一峯。
草木萌芽山一峯