2月23日 置き蹲(つくばい) 春です。時節到来 例年より早いのか遅いのか 岩八ツ手(タンチョウソウ)の葉と花

 三月二十三日 置き蹲(つくばい)
春です。時節到来 例年より早いのか遅いのか
岩八ツ手(タンチョウソウ)の葉と花

漢詩 3月22日 春の雨(これが新潟です)寒い雨が降ってます 北海道室蘭市の軽部老師の漢詩から誘引されて

漢詩 三月二十三日 春の雨(これが新潟です)寒い雨が降ってます
北海道室蘭市の軽部老師の漢詩から誘引されて
得一法通一法
遇一行修一行を何とか考えてます


温氛に誘引され堂門を出ず
温氛誘引出堂門

花裡 草辺 春色しげし
花裡草辺春色繁

もし光明の一法に通るを見れば
若見光明通一法

即ち一法を得て江村に向かわん
即得一法向江村
              
【三月二十二日】 
  

温氛に誘引され堂門を出ず
温氛誘引出堂門

花裡 草辺 春色しげし
花裡草辺春色繁

もし光明の一法に通るを見れば
若見光明通一法

即ち一法を得て江村に向かわん
即得一法向江村
              
【三月二十二日】 
  

温氛に誘引され堂門を出ず
温氛誘引出堂門

花裡 草辺 春色しげし
花裡草辺春色繁

もし光明の一法に通るを見れば
若見光明通一法

即ち一法を得て江村に向かわん
即得一法向江村
              

漢詩 3月21日 ふと見れば白いショウジョウバカマ 北海道室蘭市の軽部老師の春彼岸の漢詩に次韻

漢詩 三月二十一日 ふと見れば白いショウジョウバカマ
北海道室蘭市の軽部老師の春彼岸の漢詩に次韻


春氛香気 堂門を遶り
春氛香氣遶堂門

斎莚を設営して信魂を養う
設営斎莚養信魂

一行に遇うては一行を修し
遇一行兮修一行

六波羅蜜すなわち根に帰す。
六波羅蜜即歸根
              
【三月二十一日】 

春氛香気 堂門を遶り
春氛香氣遶堂門

斎莚を設営して信魂を養う
設営斎莚養信魂

一行に遇うては一行を修し
遇一行兮修一行

六波羅蜜すなわち根に帰す。
六波羅蜜即歸根
              
【三月二十一日】 

春氛香気 堂門を遶り
春氛香氣遶堂門

斎莚を設営して信魂を養う
設営斎莚養信魂

一行に遇うては一行を修し
遇一行兮修一行

六波羅蜜すなわち根に帰す。
六波羅蜜即歸根
              

3月21日 実家の父が広島在住のローケツ染め作家 三田嘉一氏に依頼した 若山牧水の絶唱

漢詩 三月二十一日 実家の父が広島在住のローケツ染め作家 三田嘉一氏に依頼した 若山牧水の絶唱「今日もまた心の鉦を打ち鳴らし打ち鳴らしつつあくがれていく」を掛け軸にしたもの先だって実家から持ち帰りました。「コメント欄に あくがれて があります」牧水は母の名前「まき」から雅号牧水を付けたそうですが私の妹の牧子(まきこ)は牧水の牧からなのでしょう
父の人生や父の思いを見る思いです。

 

漢詩 3月20日 春お彼岸中日 本年はすべての行事が中止となりましたがボチボチお参りのかたがあり十時からは法要をお勤め致しました。

漢詩 三月二十日 春お彼岸中日 本年はすべての行事が中止となりましたがボチボチお参りのかたがあり十時からは法要をお勤め致しました。


梅 清麗に香り鳥聲頻りに
梅香清麗鳥聲頻

彼岸の東風 春に向かって吹く
彼岸東風吹向春

四海暗雲の悪疫をはらい
四海暗雲投悪疫

斎莚一座 法光新らたなり
斎莚一座法光新
  (群馬県水上町 嶽林寺さま鈴木潔州老師の漢詩に通韻して)
【三月二十日】 
   

梅 清麗に香り鳥聲頻りに
梅香清麗鳥聲頻

彼岸の東風 春に向かって吹く
彼岸東風吹向春

四海暗雲の悪疫をはらい
四海暗雲投悪疫

斎莚一座 法光新らたなり
斎莚一座法光新
  (群馬県水上町 嶽林寺さま鈴木潔州老師の漢詩に通韻して)
【三月二十日】 
   

梅 清麗に香り鳥聲頻りに
梅香清麗鳥聲頻

彼岸の東風 春に向かって吹く
彼岸東風吹向春

四海暗雲の悪疫をはらい
四海暗雲投悪疫

斎莚一座 法光新らたなり
斎莚一座法光新
  (群馬県水上町 嶽林寺さま鈴木潔州老師の漢詩に通韻して)

3月19日 今日はお彼岸の春の日差しが優しく暖かい日です いつもの方が上手に咲かせたタイワントキソウを届けて下さいました。

三月十九日 今日はお彼岸の春の日差しが優しく暖かい日です
いつもの方が上手に咲かせたタイワントキソウを届けて下さいました。