3月14日 第2土曜日は午後1時半から坐禅会です 2時半から法侖尼による「般若心経」の講義があります

三月十四日 第2土曜日は午後1時半から坐禅会です
2時半から法侖尼による「般若心経」の講義があります
ご参加お待ちしてます。4時半に終わりました。

 

3月9日 今日は冬囲い外しと外掃除。 合計5人。先日からボツボツ3日ぼどやってましたが 今日は集中的に。

三月十九日 今日は冬囲い外しと外掃除。
合計5人。先日からボツボツ3日ぼどやってましたが
今日は集中的に。残りは12日に天気を見ながら
1月から咲いているボタンがまだまだ咲いてます!

  

3月5日 冬の間ゆうゆうとしてましたが そろそろ春となって アレコレ忙しくなって来ました。

漢詩 三月五日 冬の間ゆうゆうとしてましたが そろそろ春となって
アレコレ忙しくなって来ました。写真は西北の眺め


げきせきたる北垠(ほくぎん)三面川
闃寂北垠三面川

遅春の雪解 軽煙上る
遅春雪解上軽煙

疾風 一陣 時雨わしり
疾風一陣走時雨

独坐 客居の惰眠を醒(さます)
独坐客居醒惰眠
              
【三月五日】 
  

げきせきたる北垠(ほくぎん)三面川
闃寂北垠三面川

遅春の雪解 軽煙上る
遅春雪解上軽煙

疾風 一陣 時雨わしり
疾風一陣走時雨

独坐 客居の惰眠を醒(さます)
独坐客居醒惰眠
              
【三月五日】 
  

げきせきたる北垠(ほくぎん)三面川
闃寂北垠三面川

遅春の雪解 軽煙上る
遅春雪解上軽煙

疾風 一陣 時雨わしり
疾風一陣走時雨

独坐 客居の惰眠を醒(さます)
独坐客居醒惰眠
              

3月3日 越のコバイモ(また増えてる)が一ヶ月も早い 大群生で何千も出てきますが余りにも早い

三月三日 越のコバイモ(また増えてる)が一ヶ月も早い
大群生で何千も出てきますが余りにも早い
例年これから山というか庭というか上から下まで掃き掃除をして山野草(コバイモ カタクリ)の出てくるのを待つのに どうしたもんじゃろう!!!

 

漢詩 2月3日 村上の春の風物詩「お人形さま巡り」延期ですね。 何もかも延期、中止ですが難局を力合わせて乗り切りましょう。 

漢詩 三月三日 村上の春の風物詩「お人形さま巡り」延期ですね。
何もかも延期、中止ですが難局を力合わせて乗り切りましょう。


越後の弥生 寒暖 頒(わかち)
越後弥生寒暖頒

遡風(さくふう)淅々(せつせつ)この山をめぐる
遡風淅淅遶斯山

こまやかに白鳥 田舎(でんしゃ)に下るを看(み)れば
細看白鳥下田舎

春は遥然として残雪の間に在り。  
春在遥然残雪間
              
【三月三日】

越後の弥生 寒暖 頒(わかち)
越後弥生寒暖頒

遡風(さくふう)淅々(せつせつ)この山をめぐる
遡風淅淅遶斯山

こまやかに白鳥 田舎(でんしゃ)に下るを看(み)れば
細看白鳥下田舎

春は遥然として残雪の間に在り。  
春在遥然残雪間
              
【三月三日】

越後の弥生 寒暖 頒(わかち)
越後弥生寒暖頒

遡風(さくふう)淅々(せつせつ)この山をめぐる
遡風淅淅遶斯山

こまやかに白鳥 田舎(でんしゃ)に下るを看(み)れば
細看白鳥下田舎

春は遥然として残雪の間に在り。  
春在遥然残雪間
              

漢詩 3月2日 写真は大本山永平寺 山門 お涅槃会の法語

漢詩 三月二日 写真は大本山永平寺 山門
お涅槃会の法語


四枯 四栄 双樹林
四枯四榮雙樹林

泥洹の一路 春陰をとざす
泥洹一路鎖春陰

紫磨金色 法身きよく
紫磨金色法身浄

妙相 光を放って幽趣ふかし
妙相放光幽趣深
              
【三月二日】 
 お涅槃会の法語

四枯 四栄 双樹林
四枯四榮雙樹林

泥洹の一路 春陰をとざす
泥洹一路鎖春陰

紫磨金色 法身きよく
紫磨金色法身浄

妙相 光を放って幽趣ふかし
妙相放光幽趣深
              
【三月二日】 
 お涅槃会の法語

四枯 四栄 双樹林
四枯四榮雙樹林

泥洹の一路 春陰をとざす
泥洹一路鎖春陰

紫磨金色 法身きよく
紫磨金色法身浄

妙相 光を放って幽趣ふかし
妙相放光幽趣深
              

2月29日 雪が降らない異常な冬二月も本日で終わり。 かってない早い開花のヤブツバキ。

雪が降らない異常な冬二月も本日で終わり。
かってない早い開花のヤブツバキ。
コロナウイルス収束はいつのことやらです。
毎年の五月のイベント週間ここまで準備しましたが全面中止の決定しました。
春の花々 今年は早いと思います
イベントは有りませんかボツボツお出かけ下さい。

 

漢詩 2月24日 48才(行年50) 歯科医でしたが闘病のかいなくご逝去されました

漢詩 二月二十四日 48才(行年50)
歯科医でしたが闘病のかいなくご逝去されました。 哀悼


利済 人を救う挙力まったし
利済救人挙力全

歯科の医業 機縁に応じる
歯科医業應機縁

生涯五十 交遊つきるも
生涯五十交遊盡

水月 空華 願船に棹さし玊う。
水月空華棹願船
              
【二月二十四日】 
 四十八才(行年五十)
歯科医でしたが闘病のかいなく
ご逝去されました。 哀悼
 

利済 人を救う挙力まったし
利済救人挙力全

歯科の医業 機縁に応じる
歯科医業應機縁

生涯五十 交遊つきるも
生涯五十交遊盡

水月 空華 願船に棹さし玊う。
水月空華棹願船
              
【二月二十四日】 
 四十八才(行年五十)
歯科医でしたが闘病のかいなく
ご逝去されました。 哀悼
 

利済 人を救う挙力まったし
利済救人挙力全

歯科の医業 機縁に応じる
歯科医業應機縁

生涯五十 交遊つきるも
生涯五十交遊盡

水月 空華 願船に棹さし玊う。
水月空華棹願船
              

2月21日 お正月から咲いているボタンです(寒い廊下でツボミが次々) 鴨は広島から(木彫りの母の遺品)

二月二十一日 お正月から咲いているボタンです(寒い廊下でツボミが次々)
鴨は広島から(木彫りの母の遺品)
萩焼きの壺は25年前に亡くなった父が山口市の局長時代字を書いて焼いてもらったもの
「山口の町の小溝に限りなく清水の流れる辺りに来たり棲む。幹夫」懐かし品々です