12月25日 雪が有りません。 今年最後であろうハレの日でした 

十二月二十五日  

雪が有りません。

今年最後であろうハレの日でした
雪が有れば隠れるであろうアチラコチラをお正月前に掃き掃除!
長い参道と前の方は帰って来ている大樹和尚が白砂の庭は私がそれぞれ丸一日がかりで掃き掃除しました。

 

普済寺

普済寺 村上

やよいぜん

これはテキストブロックです。このテキストを変更するには編集ボタンをクリックしてください。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur

adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

漢詩 四月二十三日 教区の老師が事故で亡くなられたので弔詩(一東の韻)

漢詩 四月二十三日 教区の老師が事故で亡くなられたので弔詩(一東の韻)


飄々たる境地 老禅翁
飄飄境地老禅翁

昨夜 毘嵐 帰寂の躬
昨夜毘嵐帰寂躬

八十八才も また一夢
八十八才還一夢

白雲 自在 清風にまかす
白雲自在任清風
              
遺 偈

萬法修証 

八十八年

白雲自在 

處處随縁
              

飄々たる境地 老禅翁
飄飄境地老禅翁

昨夜 毘嵐 帰寂の躬
昨夜毘嵐帰寂躬

八十八才も また一夢
八十八才還一夢

白雲 自在 清風にまかす
白雲自在任清風
              
遺 偈

萬法修証 

八十八年

白雲自在 

處處随縁
              

飄々たる境地 老禅翁
飄飄境地老禅翁

昨夜 毘嵐 帰寂の躬
昨夜毘嵐帰寂躬

八十八才も また一夢
八十八才還一夢

白雲 自在 清風にまかす
白雲自在任清風
              
遺 偈

萬法修証 

八十八年

白雲自在 

處處随縁
              

漢詩 三月十七日  彼岸の香風 吹くに一任す

漢詩 三月十七日 彼岸の香風 吹くに一任す


三月 弥生 花のたより遅く
三月弥生花信遅

韶光 麗々として日 西に移る
韶光麗麗日西移

俄に返照に曇る春しぐれ
俄曇返照春時雨

彼岸の香風 吹くに一任す。 
彼岸香風一任吹
              

三月 弥生 花のたより遅く
三月弥生花信遅

韶光 麗々として日 西に移る
韶光麗麗日西移

俄に返照に曇る春しぐれ
俄曇返照春時雨

彼岸の香風 吹くに一任す。 
彼岸香風一任吹
              

三月 弥生 花のたより遅く
三月弥生花信遅

韶光 麗々として日 西に移る
韶光麗麗日西移

俄に返照に曇る春しぐれ
俄曇返照春時雨

彼岸の香風 吹くに一任す。 
彼岸香風一任吹