4月12日 新潟県村上市は快晴で穏やかで暖かい日となってます。 窓拭きしています。

漢詩 四月十二日 

新潟県村上市は快晴で穏やかで暖かい日となってます。
窓拭きしています。
先日 娘(法侖尼)のお寺(新発田の普門寺)へ行きましたら古い写真を部屋に置いておりました。私も懐かしくスマホでカチャと撮ってきました。30代後半かとおもいますが微笑ましい瞬間です。双子の沙耶(法侖尼)と亜耶で前の方が沙耶ですね。
と、申しますのもこの頃は妻は梅花流ご詠歌をよくやっていて檀家の方にも指導していたものでした。
昨日そのご詠歌を一緒にやっていたご婦人が94才で亡くなられました。
あの頃の方々も妻も亡くなって一つの時代が終わったという思いひとしおです。しかし今 娘の法侖尼がご詠歌の指導をして10人ほどの生徒もおります。
S・Mさんへの哀悼の詩です。

漢詩 四月十二日 

新潟県村上市は快晴で穏やかで暖かい日となってます。
窓拭きしています。
先日 娘(法侖尼)のお寺(新発田の普門寺)へ行きましたら古い写真を部屋に置いておりました。私も懐かしくスマホでカチャと撮ってきました。30代後半かとおもいますが微笑ましい瞬間です。双子の沙耶(法侖尼)と亜耶で前の方が沙耶ですね。
と、申しますのもこの頃は妻は梅花流ご詠歌をよくやっていて檀家の方にも指導していたものでした。
昨日そのご詠歌を一緒にやっていたご婦人が94才で亡くなられました。
あの頃の方々も妻も亡くなって一つの時代が終わったという思いひとしおです。しかし今 娘の法侖尼がご詠歌の指導をして10人ほどの生徒もおります。
S・Mさんへの哀悼の詩です。

漢詩 四月十二日 

新潟県村上市は快晴で穏やかで暖かい日となってます。
窓拭きしています。
先日 娘(法侖尼)のお寺(新発田の普門寺)へ行きましたら古い写真を部屋に置いておりました。私も懐かしくスマホでカチャと撮ってきました。30代後半かとおもいますが微笑ましい瞬間です。双子の沙耶(法侖尼)と亜耶で前の方が沙耶ですね。
と、申しますのもこの頃は妻は梅花流ご詠歌をよくやっていて檀家の方にも指導していたものでした。
昨日そのご詠歌を一緒にやっていたご婦人が94才で亡くなられました。
あの頃の方々も妻も亡くなって一つの時代が終わったという思いひとしおです。しかし今 娘の法侖尼がご詠歌の指導をして10人ほどの生徒もおります。
S・Mさんへの哀悼の詩です。


さきに夫君を送って三十年
曩送夫君三十年

難あり険あるも良き縁に随う
有難有險随良縁

毘嵐一夜 黄泉の路
毘嵐一夜黄泉路

鳥なき花開く四月の天
鳥啼花開四月天
              
【四月十二日】

さきに夫君を送って三十年
曩送夫君三十年

難あり険あるも良き縁に随う
有難有險随良縁

毘嵐一夜 黄泉の路
毘嵐一夜黄泉路

鳥なき花開く四月の天
鳥啼花開四月天
              
【四月十二日】

さきに夫君を送って三十年
曩送夫君三十年

難あり険あるも良き縁に随う
有難有險随良縁

毘嵐一夜 黄泉の路
毘嵐一夜黄泉路

鳥なき花開く四月の天
鳥啼花開四月天
              

漢詩 4月6日 4月17日は妻の祥月命日になります。奇しくもその日は42年前に結婚式を挙げた日でもありました。

漢詩 四月六日 

4月17日は妻の祥月命日になります。奇しくもその日は42年前に結婚式を挙げた日でもありました。(最後に写真があります)
平成25年4月17日は枝垂れ桜が満開で葬儀当日22日はソメイヨシノが満開でした。
本年のサクラが如何に早いか明白なるバロメーターですね。

漢詩 四月六日 

4月17日は妻の祥月命日になります。奇しくもその日は42年前に結婚式を挙げた日でもありました。(最後に写真があります)
平成25年4月17日は枝垂れ桜が満開で葬儀当日22日はソメイヨシノが満開でした。
本年のサクラが如何に早いか明白なるバロメーターですね。

4月17日は妻の祥月命日になります。奇しくもその日は42年前に結婚式を挙げた日でもありました。(最後に写真があります)
平成25年4月17日は枝垂れ桜が満開で葬儀当日22日はソメイヨシノが満開でした。
本年のサクラが如何に早いか明白なるバロメーターですね。


迎え来たり忌景 八周年
迎来忌景八周年

灯燭香華 墓前に供う
燈燭香華供墓前

大葉峰山 春四月
大葉峰山春四月

百花爛漫たり正当の莚。
百花爛漫正當莚
              
【四月六日】

迎え来たり忌景 八周年
迎来忌景八周年

灯燭香華 墓前に供う
燈燭香華供墓前

大葉峰山 春四月
大葉峰山春四月

百花爛漫たり正当の莚。
百花爛漫正當莚
              
【四月六日】

迎え来たり忌景 八周年
迎来忌景八周年

灯燭香華 墓前に供う
燈燭香華供墓前

大葉峰山 春四月
大葉峰山春四月

百花爛漫たり正当の莚。
百花爛漫正當莚
              

漢詩 4月5日 さくら爛漫の新潟県村上市です。春に背いて逝かれた方があります。 

漢詩 四月五日 

さくら爛漫の新潟県村上市です。
春に背いて逝かれた方があります。
七十四才 私より2学年下になります。団塊の世代と言われる私達ですが同時代を生きた盟友の死は悲しみの極みです。長津郷の小揚(こあげ)の方です。

漢詩 四月五日 

さくら爛漫の新潟県村上市です。
春に背いて逝かれた方があります。
七十四才 私より2学年下になります。団塊の世代と言われる私達ですが同時代を生きた盟友の死は悲しみの極みです。長津郷の小揚(こあげ)の方です。

漢詩 四月五日 

さくら爛漫の新潟県村上市です。
春に背いて逝かれた方があります。
七十四才 私より2学年下になります。団塊の世代と言われる私達ですが同時代を生きた盟友の死は悲しみの極みです。長津郷の小揚(こあげ)の方です。

桜花爛漫たり艶陽のとき
桜花爛漫艶陽辰

七十余才 世塵を離る
七十余才離世塵

かえりなんいざ山郭の頂き
帰去来兮山郭頂

雲飛び鳥啼く小揚の春。
雲飛鳥啼小揚春
              
【四月五日】

桜花爛漫たり艶陽のとき
桜花爛漫艶陽辰

七十余才 世塵を離る
七十余才離世塵

かえりなんいざ山郭の頂き
帰去来兮山郭頂

雲飛び鳥啼く小揚の春。
雲飛鳥啼小揚春
              
【四月五日】

桜花爛漫たり艶陽のとき
桜花爛漫艶陽辰

七十余才 世塵を離る
七十余才離世塵

かえりなんいざ山郭の頂き
帰去来兮山郭頂

雲飛び鳥啼く小揚の春。
雲飛鳥啼小揚春
              

3月19日 夜の坐禅終って 明日のお彼岸中日法要の法語を作ってました。

三月十九日 

夜の坐禅終って 明日のお彼岸中日法要の法語を作ってました。

三月十九日 

夜の坐禅終って 明日のお彼岸中日法要の法語を作ってました。

三月十九日 

夜の坐禅終って 明日のお彼岸中日法要の法語を作ってました。


弥生 越後の早梅開き
弥生越後早梅開

彼岸会中 春色を催す
彼岸会中春色催

大葉の境庭 香一朶
大葉境庭香一朶

別天の浄域 塵埃を絶す。
別天浄域絶塵埃

己を忘れ他を利するは菩薩の行
忘己利他菩薩行

六波羅蜜 當来に在り。
六波羅蜜在當来

弥生 越後の早梅開き
弥生越後早梅開

彼岸会中 春色を催す
彼岸会中春色催

大葉の境庭 香一朶
大葉境庭香一朶

別天の浄域 塵埃を絶す。
別天浄域絶塵埃

己を忘れ他を利するは菩薩の行
忘己利他菩薩行

六波羅蜜 當来に在り。
六波羅蜜在當来

弥生 越後の早梅開き
弥生越後早梅開

彼岸会中 春色を催す
彼岸会中春色催

大葉の境庭 香一朶
大葉境庭香一朶

別天の浄域 塵埃を絶す。
別天浄域絶塵埃

己を忘れ他を利するは菩薩の行
忘己利他菩薩行

六波羅蜜 當来に在り。
六波羅蜜在當来

3月10日 近所のお寺(茗荷寺さま)のおばあさま 百壱才のご生涯でした。

漢詩 三月十日 

近所のお寺(茗荷寺さま)のおばあさま
百壱才のご生涯でした。
長く留守番として過ごされた日々が思い出されます。
「徳は孤ならず必ず隣あり」論語にあるさうですが故人は保健師の仕事を通して地域に貢献されました。
哀悼の詩です。

漢詩 三月十日 

近所のお寺(茗荷寺さま)のおばあさま
百壱才のご生涯でした。
長く留守番として過ごされた日々が思い出されます。
「徳は孤ならず必ず隣あり」論語にあるさうですが故人は保健師の仕事を通して地域に貢献されました。
哀悼の詩です。

漢詩 三月十日 

近所のお寺(茗荷寺さま)のおばあさま
百壱才のご生涯でした。
長く留守番として過ごされた日々が思い出されます。
「徳は孤ならず必ず隣あり」論語にあるさうですが故人は保健師の仕事を通して地域に貢献されました。
哀悼の詩です。


百福 孤ならず 徳 隣に有り
百福非孤徳有隣

温顔笑語 気 春のごとし
温顔笑語気如春

茗荷寺のほとり 涅槃の道
茗荷寺畔涅槃道

三宝帰依す 深信の人。
三宝帰依深信人
              
【三月十日】

百福 孤ならず 徳 隣に有り
百福非孤徳有隣

温顔笑語 気 春のごとし
温顔笑語気如春

茗荷寺のほとり 涅槃の道
茗荷寺畔涅槃道

三宝帰依す 深信の人。
三宝帰依深信人
              
【三月十日】

百福 孤ならず 徳 隣に有り
百福非孤徳有隣

温顔笑語 気 春のごとし
温顔笑語気如春

茗荷寺のほとり 涅槃の道
茗荷寺畔涅槃道

三宝帰依す 深信の人。
三宝帰依深信人
              

3月6日 ハクチョウ北帰行です。(写真は村上市の酒道楽主人 工藤達朗氏) 冬もいよいよ終わります。

漢詩 三月六日 

ハクチョウ北帰行です。(写真は村上市の酒道楽主人 工藤達朗氏)
冬もいよいよ終わります。
長く施設におられたご婦人が来る春を待たず亡くなられました。
哀悼の詩です。

漢詩 三月六日 

ハクチョウ北帰行です。(写真は村上市の酒道楽主人 工藤達朗氏)
冬もいよいよ終わります。
長く施設におられたご婦人が来る春を待たず亡くなられました。
哀悼の詩です。

漢詩 三月六日 

ハクチョウ北帰行です。(写真は村上市の酒道楽主人 工藤達朗氏)
冬もいよいよ終わります。
長く施設におられたご婦人が来る春を待たず亡くなられました。
哀悼の詩です。


弥生の五日 春に向かう辰(とき)
弥生五日向春辰

九十三才 幻身を蔵(かくす)
九十三才蔵幻身

いまだ紅花ひらかず庭樹の下
未発紅花庭樹下

別離 恩愛 なみだ巾を沾(うるおす)
別離恩愛涙沾巾
              
【三月六日】

弥生の五日 春に向かう辰(とき)
弥生五日向春辰

九十三才 幻身を蔵(かくす)
九十三才蔵幻身

いまだ紅花ひらかず庭樹の下
未発紅花庭樹下

別離 恩愛 なみだ巾を沾(うるおす)
別離恩愛涙沾巾
              
【三月六日】

弥生の五日 春に向かう辰(とき)
弥生五日向春辰

九十三才 幻身を蔵(かくす)
九十三才蔵幻身

いまだ紅花ひらかず庭樹の下
未発紅花庭樹下

別離 恩愛 なみだ巾を沾(うるおす)
別離恩愛涙沾巾
              

3月5日 新潟県村上市ではお雛様は四月です。 町屋では今年は「お人形さま巡り」四月三日まで開催です。(コロナ対策に万全を期しながら)

漢詩 三月五日 

新潟県村上市ではお雛様は四月です。
町屋では今年は「お人形さま巡り」四月三日まで開催です。(コロナ対策に万全を期しながら)
厳しい雪の冬から春を迎える3月2日に65才で亡くなった方がありました。その父親は30年前に亡くなられたので故人は随分長く檀家としてのお付き合いをした方でした。(くも膜下出血での半身不随その他の病気 最後には癌もありました。)今日の葬儀ではお母さん(93才)と何度も握手。
哀悼の詩です。

漢詩 三月五日 

新潟県村上市ではお雛様は四月です。
町屋では今年は「お人形さま巡り」四月三日まで開催です。(コロナ対策に万全を期しながら)
厳しい雪の冬から春を迎える3月2日に65才で亡くなった方がありました。その父親は30年前に亡くなられたので故人は随分長く檀家としてのお付き合いをした方でした。(くも膜下出血での半身不随その他の病気 最後には癌もありました。)今日の葬儀ではお母さん(93才)と何度も握手。
哀悼の詩です。

漢詩 三月五日 

新潟県村上市ではお雛様は四月です。
町屋では今年は「お人形さま巡り」四月三日まで開催です。(コロナ対策に万全を期しながら)
厳しい雪の冬から春を迎える3月2日に65才で亡くなった方がありました。その父親は30年前に亡くなられたので故人は随分長く檀家としてのお付き合いをした方でした。(くも膜下出血での半身不随その他の病気 最後には癌もありました。)今日の葬儀ではお母さん(93才)と何度も握手。
哀悼の詩です。

 


六十五才 世塵に交わるも
六十五才交世塵

若年 障害病痾の身
若年障害病痾身

はからず君の為にひんこするとは
不図秉炬為君矣

飜えって憶う優心 面目の人なるを
飜憶優心面目人
              
秉炬(ひんこ)・・・葬儀の時にタイマツで行き先を照らすこと。
【三月五日】

六十五才 世塵に交わるも
六十五才交世塵

若年 障害病痾の身
若年障害病痾身

はからず君の為にひんこするとは
不図秉炬為君矣

飜えって憶う優心 面目の人なるを
飜憶優心面目人
              
秉炬(ひんこ)・・・葬儀の時にタイマツで行き先を照らすこと。
【三月五日】

六十五才 世塵に交わるも
六十五才交世塵

若年 障害病痾の身
若年障害病痾身

はからず君の為にひんこするとは
不図秉炬為君矣

飜えって憶う優心 面目の人なるを
飜憶優心面目人
              
秉炬(ひんこ)・・・葬儀の時にタイマツで行き先を照らすこと。

2月24日 必ず春は来ると信じて過ごす余寒の日々

漢詩 二月二十四日 

新潟県村上市です
天気予報通りに昨日から寒くなり雪がチラついています。日本海側新潟県では冬にカミナリが鳴りそして雪になります。
必ず春は来ると信じて過ごす余寒の日々 その日々もそれはそれで楽しいものです。 
  二月山居

漢詩 二月二十四日 

新潟県村上市です
天気予報通りに昨日から寒くなり雪がチラついています。日本海側新潟県では冬にカミナリが鳴りそして雪になります。
必ず春は来ると信じて過ごす余寒の日々 その日々もそれはそれで楽しいものです。 
  二月山居

漢詩 二月二十四日 

新潟県村上市です
天気予報通りに昨日から寒くなり雪がチラついています。日本海側新潟県では冬にカミナリが鳴りそして雪になります。
必ず春は来ると信じて過ごす余寒の日々 その日々もそれはそれで楽しいものです。 
  二月山居


禅庭の寒気 去り また来たる
禅庭寒気去還来

未だ紅花ひらかず雪裡の梅
未発紅花雪裡梅

穏座 何ぞ求めん名と利とを
穏座何求名與利

越後 江村に迅雷響く。
越後江邨響迅雷
              
【二月二十四日】

禅庭の寒気 去り また来たる
禅庭寒気去還来

未だ紅花ひらかず雪裡の梅
未発紅花雪裡梅

穏座 何ぞ求めん名と利とを
穏座何求名與利

越後 江村に迅雷響く。
越後江邨響迅雷
              
【二月二十四日】

禅庭の寒気 去り また来たる
禅庭寒気去還来

未だ紅花ひらかず雪裡の梅
未発紅花雪裡梅

穏座 何ぞ求めん名と利とを
穏座何求名與利

越後 江村に迅雷響く。
越後江邨響迅雷
              

2月22日 新発田市で住職しております娘の法侖尼のお寺(普門寺)が新潟日報の取材を受けて掲載されました。

二月二十二日 

新潟県村上市は未だ四方雪に囲まれていますが 春近し 文字通り三寒四温の日々となっております。新発田市で住職しております娘の法侖尼のお寺(普門寺)が新潟日報の取材を受けて掲載されました。
また亡妻への哀歌です。

二月二十二日 

新潟県村上市は未だ四方雪に囲まれていますが 春近し 文字通り三寒四温の日々となっております。新発田市で住職しております娘の法侖尼のお寺(普門寺)が新潟日報の取材を受けて掲載されました。
また亡妻への哀歌です。

二月二十二日 

新潟県村上市は未だ四方雪に囲まれていますが 春近し 文字通り三寒四温の日々となっております。新発田市で住職しております娘の法侖尼のお寺(普門寺)が新潟日報の取材を受けて掲載されました。
また亡妻への哀歌です。


水態 山容 軽暖の春
水態山容軽暖春

あいおう忌景 八周の辰
相逢忌景八周辰

頭を回せば四壁 清涼の雪
回頭四壁清涼雪

越後なお寒し夕べと晨(あした)と
越後猶寒夕與晨
              
【二月二十二日】

水態 山容 軽暖の春
水態山容軽暖春

あいおう忌景 八周の辰
相逢忌景八周辰

頭を回せば四壁 清涼の雪
回頭四壁清涼雪

越後なお寒し夕べと晨(あした)と
越後猶寒夕與晨
              
【二月二十二日】

水態 山容 軽暖の春
水態山容軽暖春

あいおう忌景 八周の辰
相逢忌景八周辰

頭を回せば四壁 清涼の雪
回頭四壁清涼雪

越後なお寒し夕べと晨(あした)と
越後猶寒夕與晨
              

漢詩 2月17日 毎年2月は特別な月です。

漢詩 二月十七日 

毎年2月は特別な月です。 平成25年の2月 もう8年になりますが闘病中の妻の容態が悪化する日々の始まりでした。(4月17日に亡くなります60才)
横田めぐみさん等拉致被害者支援 新潟いのちの電話 犯罪被害者支援 民生委員 童話の読み聞かせ 何より4人の子供を産み育てた賢母でした。
新潟の冬は寒く長く厳しく今日も又 雪が降っています。
月命日でもあり詩を作ってます。

漢詩 二月十七日 

毎年2月は特別な月です。 平成25年の2月 もう8年になりますが闘病中の妻の容態が悪化する日々の始まりでした。(4月17日に亡くなります60才)
横田めぐみさん等拉致被害者支援 新潟いのちの電話 犯罪被害者支援 民生委員 童話の読み聞かせ 何より4人の子供を産み育てた賢母でした。
新潟の冬は寒く長く厳しく今日も又 雪が降っています。
月命日でもあり詩を作ってます。

漢詩 二月十七日 

毎年2月は特別な月です。 平成25年の2月 もう8年になりますが闘病中の妻の容態が悪化する日々の始まりでした。(4月17日に亡くなります60才)
横田めぐみさん等拉致被害者支援 新潟いのちの電話 犯罪被害者支援 民生委員 童話の読み聞かせ 何より4人の子供を産み育てた賢母でした。
新潟の冬は寒く長く厳しく今日も又 雪が降っています。
月命日でもあり詩を作ってます。


八年の風月なおざりに過ぐるも
八年風月等閑過

毎歳 今期 愁恨多し
毎歳今期愁恨多

猶 覚ゆ亡妻に望誉あることを
猶覚亡妻有望譽

余寒 独坐して禅那に入る
餘寒独坐入禅那
              
【二月十七日】

八年の風月なおざりに過ぐるも
八年風月等閑過

毎歳 今期 愁恨多し
毎歳今期愁恨多

猶 覚ゆ亡妻に望誉あることを
猶覚亡妻有望譽

余寒 独坐して禅那に入る
餘寒独坐入禅那
              
【二月十七日】

八年の風月なおざりに過ぐるも
八年風月等閑過

毎歳 今期 愁恨多し
毎歳今期愁恨多

猶 覚ゆ亡妻に望誉あることを
猶覚亡妻有望譽

余寒 独坐して禅那に入る
餘寒独坐入禅那